V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
398
[開催日]
2014/03/22
[会場]
芦別市総合体育館
[観客数]
837
[開始時間]
16:00
[終了時間]
17:50
[試合時間]
1:50
[主審]
村中 伸
[副審]
明井 寿枝

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 7勝18敗
3 25 第1セット
【26】
23 1
22 第2セット
【26】
25
26 第3セット
【27】
24
25 第4セット
【22】
14
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 11勝14敗

( )内は交代選手

監督コメント

1,2セット目動きが固く、自分たちのリズムでプレーできていなかったが、要所でファインプレーが見られ、3、4セット目につなげることが出来た。最終セットは自分たちの持ち味を充分に発揮し、勝利できたので明日もいい形で勝利したい。本日は遠い所まで足を運んでいただき、ありがとうございました。明日も引き続きご声援お願いいたします。

25 山本(将)
(盛重)
グラディナロフ
()
橋本
()
山村
(米山)
23
衛藤
()
鈴木
()
金子
()
松崎
()
山岡
()
手塚
(福田)
鈴木
()
栗山
()
リベロ 佐別當
22 山本(将)
(福田)
グラディナロフ
()
鈴木
()
金子
()
25
衛藤
()
鈴木
()
栗山
(椿山)
橋本
()
山岡
(西尾)
手塚
(盛重)
松崎
(柴小屋)
山村
()
リベロ 佐別當
26 山本(将)
()
グラディナロフ
()
山村
(米山)
松崎
()
24
衛藤
()
鈴木
()
橋本
(柴小屋)
椿山
()
山岡
(西尾)
手塚
(福田)
金子
()
鈴木
(塩田)
リベロ 佐別當
25 山本(将)
(西尾)
グラディナロフ
()
橋本
()
山村
()
14
衛藤
()
鈴木
()
金子
(米山)
松崎
()
山岡
()
手塚
(盛重)
塩田
()
椿山
(栗山)
リベロ 佐別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日の対戦相手は、山岡選手のプレーを中心に良い攻撃を展開した。勝利に値するチームだった。彼らを讃えたい。我々はFC東京のアタックに対し、ブロックで挑むべきところ、上手く機能しなかった。残りの試合もこれまで通り一戦一戦、一セット、一点を勝つためにチームは全力で戦う。ファンの皆様、応援ありがとうございました。

要約レポート

第一セットFC東京ミロスラフを中心とした攻撃でリードする。中盤サントリーサンバーズ金子のサーブで相手レシーブを崩したが、後半手塚を含めた攻撃が冴え、先制する。
第二セット前半にサントリーは栗山に替え椿山を投入。要所で決めるなどFC東京の反撃を退け、セットカウントをタイにする。
第三セット前半、FC東京のセッター山岡のトス回しがさえてリードする。後半サントリー山村がミロスラフをブロック、椿山の強烈なサービスエースなどで一時24:23とリードするが、FC東京が辛くも逃げ切って2セットを先取する。
第四セットFC東京はミロスラフの高さある攻撃に加え、手塚のセンター陣を巧みに操ったセッターのトス回しで終始優勢にゲームを支配し、追いすがるサントリーを振り切り勝利を得た。
FC東京は、両エースの活躍、セッター山岡のトス回しがさえるようなレシーブが勝敗を左右した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 西原 禎之