V・チャレンジリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
746
[開催日]
2014/02/08
[会場]
つくばカピオ
[観客数]
255
[開始時間]
11:00
[終了時間]
13:08
[試合時間]
2:08
[主審]
城 智人
[副審]
山崎 公寛

警視庁フォートファイターズ

監督: 溝口 正一
コーチ: 下田 健一
通算: 9勝1敗
3 22 第1セット
【27】
25 2
26 第2セット
【27】
24
25 第3セット
【27】
19
18 第4セット
【20】
25
15 第5セット
【15】
10

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 8勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は1レグの最終戦ということで、みんなで勝とうという気持ちが良い結果につながりました。
 2レグも気をゆるめることなく、一戦一戦頑張っていきたいと思います。
 開催地の関係者の方々、大変ありがとうございました。

22 金丸
()
鈴木
(当間)
モハメド
()
木村
(島崎)
25
松本
()
中村
()
石垣
()
細川
(辻口(智))
清水
(小川)
中道
()
徳丸
()
山田
()
石川 リベロ 迫谷
26 松本
()
金丸
()
モハメド
()
木村
(大道)
24
清水
(当間)
鈴木
()
石垣
(井口)
細川
(辻口(智))
中道
()
中村
()
徳丸
()
山田
()
石川 リベロ 迫谷
25 金丸
()
鈴木
(当間)
モハメド
()
大道
()
19
松本
()
中村
()
井口
()
細川
(辻口(智))
清水
(小川)
中道
()
徳丸
()
山田
()
石川 リベロ 迫谷
18 松本
()
金丸
()
モハメド
()
大道
()
25
清水
(当間)
鈴木
(小川)
石垣
()
細川
(辻口(智))
中道
()
中村
()
徳丸
(島崎)
山田
(小川)
石川 リベロ 迫谷
15 松本
()
金丸
()
モハメド
()
大道
()
10
清水
(当間)
鈴木
(小川)
石垣
()
細川
()
中道
()
中村
()
徳丸
(島崎)
山田
()
石川 リベロ 迫谷

監督コメント

 サーブで攻める展開に持ち込めなかった。
 5セット目はチームが受け身だった。
 サーブレシーブも返らず、自分たちのコンビバレーができなかった。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在8戦全勝で2位の大分三好ヴァイセアドラーと、8勝1敗で3位の警視庁フォートファイターズの好カード。
 1セット目序盤、大分三好はモハメドの強烈なスパイク、警視庁は金丸の緩急を付けたアタックやブロックなどで一進一退の攻防が繰り広げられた。中盤から終盤にかけて大分三好はモハメド、細川らの活躍で抜け出しセットを奪った。
 2セット目も大分三好モハメドの勢いが続く。しかし警視庁も要所で粘りのレシーブ、意地のスパイクで逆転に成功しセットを奪い返した。
 3セット目も互いに力強いスパイク、ブロック、好レシーブを見せシーソーゲームが続いた。中盤、金丸、松本のスパイクで警視庁は勢いをつけて一歩抜け出しセットを奪った。
 警視庁が逆転で王手をかけた4セット目であったが、出だしは大分三好のモハメド、細川が意地を見せた。警視庁の隙のないブロックに大分三好は苦戦したが、勢いを止めるまでにいたらず、大分三好がセットを奪った。
 最終セット、互いにエースにボールを集め意地の張り合いが続いた。警視庁リードでのコートチェンジ後、モハメドはスパイクサーブで崩そうとするがミス。その後も大事なところで大分三好はサーブミスが続き流れを引き戻すことができず、警視庁が勢いに乗ったまま勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 吉田 英明