V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
395
[開催日]
2014/03/16
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
1,018
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:21
[試合時間]
1:21
[主審]
中山  健
[副審]
小野 将人

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 5勝19敗
0 24 第1セット
【29】
26 3
20 第2セット
【23】
25
18 第3セット
【23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太ニ
通算: 12勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

東レとの今リーグ最終戦となり、何とか勝利を収めたかったが、高いブロックに終始苦戦を強いられた。気持ちを切替え、来週に向け良い準備をしていきたい。
遠方にも関わらず2日間応援頂き、誠にありがとうございました。来週も引き続き、ご声援宜しくお願い致します。

24 松崎
(阿部)
高橋(和)
()
篠田
()
瀬戸口
(田辺)
26
高橋(慎)
()
清野
(若山)
ボヨビッチ
()
近藤
(伏見)
浅野
()
金丸
()
米山
()
富松
(大木)
興梠 リベロ 井手
20 松崎
(袴谷)
高橋(和)
(松原)
篠田
()
瀬戸口
(田辺)
25
高橋(慎)
(久保山)
若山
()
ボヨビッチ
()
近藤
(伏見)
浅野
()
金丸
()
米山
()
富松
()
興梠 リベロ 井手
18 袴谷
()
松原
(古田)
篠田
(佐野)
瀬戸口
(田辺)
25
久保山
()
若山
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
浅野
()
金丸
()
米山
()
富松
()
興梠 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

3連敗の悪い流れを断ち切る良いゲームだった。
セミファイナル進出の為にはもう一つも負ける事が出来ないので、強い気持ちをもって残りのゲームも戦っていきたい。
応援よろしくお願いします。

要約レポート

第1セットは序盤から、ジェイテクトSTINGS高橋(和)がブロックの隙をつく鋭いスパイクを見せたかと思うと、東レアローズの瀬戸口がチームに流れを引き寄せる高さあるブロックを見せ、一進一退の攻防が続いた。中盤からは、ジェイテクトのベテランセッター高橋(慎)の巧みなトスさばきから、浅野のキレのあるスパイクが決まり出すも、東レのボヨビッチがコースを打ち分けた強烈なスパイクで連続得点を挙げ、一歩リードする。その後、ジェイテクトの高橋(和)によるジャンプサーブでデュースとしたが、最後は東レのブロックが決まり先制した。
第2セットは両チーム共にブロックの光る展開となったが、ジェイテクトの浅野が相手の3枚のブロックをものともせず、インコースぎりぎりにダイナミックなスパイクを決めるも、東レのセッター近藤が安定感ある緩急をつけたサーブで攻撃の手を緩めない。終盤、ジェイテクトの松原による勢いあるジャンプサーブで相手のサーブレシーブを崩すも、東レが追随を許さなかった。
第3セットは、東レの富松が相手のコースを読み切ったブロックと、多彩なクイックから攻守にわたる活躍を見せる。ジェイテクトは金丸がネット際で強さを見せ幅広く攻撃するも、東レのリベロ井出が体を張ったレシーブで攻撃を食い止め、チームを率いる米山が冷静かつ精度の高いスパイクで得点を重ね、勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 松村 香緒里