V・チャレンジリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
740
[開催日]
2014/02/01
[会場]
大同特殊鋼体育館
[観客数]
165
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:14
[試合時間]
1:14
[主審]
浅見 靖人
[副審]
重岡 紀彦

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ: 池田 正一
通算: 0勝9敗
0 20 第1セット
【23】
25 3
21 第2セット
【23】
25
19 第3セット
【22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 野澤 真
通算: 6勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

各セットとも小さなミスから傷口を広げてしまいセットを奪うことが出来なかった。20点以降の戦い方をもう一度修正し次週に臨みたいと思います。

沢山の応援ありがとうございました。

20 橋本
(早川)
松本
(大貫)
横田
(渡邉)
岩井
()
25
西片
()

()
中川
()
北沢
()
荒川
()
伊藤
()
田中
()
松野
(呉屋)
徳岡 リベロ 芳賀
21 橋本
(早川)
松本
(大貫)
横田
(渡邉)
岩井
(呉屋)
25
西片
()

()
中川
()
北沢
(新)
荒川
()
伊藤
()
田中
()
松野
()
徳岡 リベロ 芳賀
19 橋本
(早川)
松本
()
横田
()
呉屋
()
25
西片
()

()
中川
(廣本)

()
荒川
()
伊藤
()
神山
()
松野
(三芳)
徳岡 リベロ 芳賀

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

試合の中で良いプレーと悪いプレーの差が大きすぎる。単純なミスを減らさなければ上位チームに勝つことは厳しい。課題となっている部分は少しずつだが改善が見られたことは収穫である。明日は大分三好との対決なので今日以上のプレーをお見せしたいと思います。

応援ありがとうござました。

要約レポート

 富士通カワサキレッドスピリッツが危なげなくストレートで勝利を収めた。
 富士通は、第3セットから3人のメンバーを入れ替えても流れを切らず自分たちのバレーを展開することができた。特に高いブロックでワンタッチを取って自分たちのペースにもっていく戦い方と、サイドからの破壊力のある攻撃が幾度となく見られた。
 またベテランの域に達したセッター北沢の変幻自在のトスワークが素晴らしかった。北沢はツーアタックかと見せかけて速攻へ、センターと見せかけてサイドへトスを供給し、要所で相手ブロッカーのマークを外した。3セット目から北沢に代わって入った内定選手の新も思い切りのよいサーブで連続エースを奪い、持ち味の違う2人のセッターがそれぞれのよさを発揮することができた。
 東京トヨペットグリーンスパークルも敗れはしたが健闘を見せた。2セット目、4本連続ブロックポイントで12−12と追いついた点が最も盛り上がった場面であった。第3セットもキャプテン伊藤が連続ブロックポイントを挙げるなど奮闘した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇