V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
392
[開催日]
2014/03/15
[会場]
いしかわ総合スポーツセンター
[観客数]
961
[開始時間]
16:50
[終了時間]
18:36
[試合時間]
1:46
[主審]
高橋 弘二
[副審]
千代延 靖夫

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 15勝8敗
3 25 第1セット
【23】
20 1
25 第2セット
【23】
16
21 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【26】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太ニ
通算: 11勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

今日は、試合の入り方としては非常に良かったと思う。ただ第3セット以降は、ミスが多くなり苦しい展開が続いた。そんな中、控え選手も含めチームがひとつになって最後の一点を取ってくれた。
また明日に向け、しっかりと準備をしたい。
本日も遠方まで足を運び応援して頂き、ありがとうございます。

25 千々木
(伊藤)
佐川
(出耒田)
篠田
()
米山
(田辺)
20
松本
()
内藤
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
ペピチ
()
石島
()
角田
(大木)
富松
()
井上 リベロ 井手
25 佐川
(出耒田)
内藤
()
富松
()
大木
(田辺)
16
千々木
()
石島
()
近藤
()
ボヨビッチ
()
松本
(伊藤)
ペピチ
()
米山
()
篠田
()
井上 リベロ 井手
21 千々木
(伊藤)
佐川
(出耒田)
篠田
()
瀬戸口
(田辺)
25
松本
()
内藤
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
ペピチ
()
石島
()
米山
()
富松
()
井上 リベロ 井手
25 佐川
(千々木)
内藤
()
篠田
()
瀬戸口
(田辺)
23
伊藤
()
石島
()
ボヨビッチ
(大木)
近藤
()
松本
()
ペピチ
()
米山
()
富松
()
井上 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

気持ちの込もった熱いバレーを展開できたが、力及ばず残念な試合となった。スタートの悪さが最後まで響いてしまった。
明日のゲームでは、しっかりと勝利を収めたい。応援よろしくお願いします。

要約レポート

堺ブレイザーズと東レアローズの対戦は第1セット序盤、堺のペピチ、東レのボヨビッチ両外国人の打ち合いとなり、一進一退の攻防が続く。その後堺は佐川の的確なトスワークにより内藤、千々木が機能的に働き、抜け出すと米山、ボヨビッチの攻撃で追う東レを振り切り、セットを先取した。
第2セットに入っても、堺はペピチを中心とした多彩な攻撃によりリードを広げる。東レは富松のクイック、大木のサイドからの攻撃などでリズムをつかもうとするが、堺の勢いに阻まれ堺がセットを連取した。
第3セット、東レは米山の熟練したプレーとボヨビッチのパワフルな攻撃により優位に試合を進めていく。堺は石島、ペピチのスパイク、佐川のブロックで追いつくが、その後東レ米山のサイドからの攻撃が次々決まり、東レがセットを取り返した。
第4セットはお互いに点を取り合う緊迫した展開が終盤まで続く。堺は松本のキレのあるクイックで抜け出すと、最後は東レのボヨビッチを石島がブロックで止め、勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森 博之