V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
388
[開催日]
2014/03/09
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
2,300
[開始時間]
15:20
[終了時間]
17:17
[試合時間]
1:57
[主審]
山本 晋五
[副審]
塚本 健

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算: 15勝7敗
3 25 第1セット
【24】
18 1
25 第2セット
【25】
19
20 第3セット
【28】
25
28 第4セット
【31】
26
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 14勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 両チームともにプレーオフの進出をかけた非常に重要な試合だった。1、2セットは自分たちのプレーでリズムを作ることができ、セットを取る事ができたものの、3セット目はミスで落としてしまった。4セット目は終盤まで競った展開だったが、最終的には勝ちに値するプレーができたと思う。選手の頑張りには感謝したい。
 昨日に続き、会場の雰囲気は最高で、皆様のお陰で2連勝する事ができました。2日間、ご声援ありがとうございました。

25 筧本
()
越川
()
千々木
(伊藤)
佐川
()
18
井上
()
イゴール
()
松本
()
内藤
()
小澤
()
安永
()
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上
25 井上
()
筧本
()
石島
()
ペピチ
()
19
小澤
()
越川
()
内藤
()
松本
()
安永
(安井)
イゴール
()
佐川
(出耒田)
伊藤
(千々木)
酒井 リベロ 井上
20 小澤
(國近)
井上
()
伊藤
()
佐川
(出耒田)
25
安永
()
筧本
(町野)
松本
()
内藤
()
イゴール
()
越川
()
ペピチ
(松岡)
石島
()
酒井 リベロ 井上
28 町野
(神田)
越川
()
伊藤
()
佐川
(出耒田)
26
井上
()
イゴール
()
松本
()
内藤
()
小澤
()
安永
(安井)
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1、第2セットは、まったく相手の攻撃を抑えることができず、またラリーにおいても決定力に欠けた。
 第3セットは前半からサーブが機能し取る事ができたが、最後は終盤自分たちから崩れてしまった。どのチームも条件は同じだが、疲労がたまっている中での試合が続くので、コンディションを少しでも良くできるように、また来週の準備をしたい。
 今週はJTさんのホームゲームでしたが、すばらしい環境でした。また連日最後まで声援していただいているサポーターの皆さんに感謝します。

要約レポート

 2勝差で4チームがひしめく混戦の上位争いの中、現在2位のJTサンダーズと3位につける堺ブレイザーズの対戦。
 第1セット、JTが越川やイゴールを中心としたアタックで得点を重ねれば、堺は松本や千々木のアタックで対抗し、序盤は互角の展開。中盤以降、酒井らの安定したレシーブから多彩な攻撃を見せたJTがリードを広げ、最後は越川、安永の連続ブロックでこのセットを先取した。
 勢いに乗るJTは、第2セットも越川、イゴール、小澤らのアタックと筧本、安永のブロックで終始リードを保ち、このセットも取った。
 第3セットは一転して堺のペースに。伊藤やペピチのサーブ、松本や石島のアタックでリードを広げた堺がこのセットを取った。
 第4セットは一進一退の白熱した展開。JTのイゴールと越川、堺のペピチと石島の壮絶な打ち合いでデュースにもつれこんだが、最後は地元呉の大声援の中、イゴールがサービスエースを決めてJTが接戦を制した。
 JTはセミファイナルラウンド進出に向け、貴重な勝利を収めた。堺は強烈なサーブとアタックで対抗したが、あと一歩及ばず痛い星を落とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 坪浦 敏美