V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
386
[開催日]
2014/03/09
[会場]
一宮市総合体育館
[観客数]
1,430
[開始時間]
15:15
[終了時間]
17:05
[試合時間]
1:50
[主審]
浅井 唯由
[副審]
高橋 弘二

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 4勝18敗
1 22 第1セット
【25】
25 3
19 第2セット
【26】
25
25 第3セット
【27】
23
17 第4セット
【23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 16勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

4Legスタートの大事な一戦を勝利できなかったこと非常に残念である。3セット目はサーブで崩し粘りあるバレーを展開できセットを取ることができた。課題も新たに見つかったので来週に向けてよい準備をしていきたい。

本日も沢山のご声援ありがとうございました。来週も引続きご声援宜しくお願い致します。

22 袴谷
()
古田
()
清水
()
枩田
(川村)
25
高橋(慎)
(松崎)
清野
()
ダンチ
()
福澤
()
高橋(和)
()
辰巳
()
白澤
(渡辺)
深津
(伊東)
興梠 リベロ 永野
19 袴谷
()
古田
(浅野)
枩田
()
福澤
()
25
高橋(慎)
()
清野
()
清水
(大竹)
深津
(伊東)
高橋(和)
()
辰巳
()
ダンチ
()
白澤
(川村)
興梠 リベロ 永野
25 袴谷
()
浅野
()
枩田
(川村)
福澤
()
23
高橋(慎)
()
若山
()
清水
(大竹)
深津
(伊東)
高橋(和)
()
辰巳
()
ダンチ
()
白澤
()
興梠 リベロ 永野
17 袴谷
()
浅野
(古田)
枩田
(谷村)
福澤
()
25
高橋(慎)
()
若山
(清野)
清水
()
深津
()
高橋(和)
()
辰巳
(金丸)
ダンチ
()
白澤
()
興梠 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

昨日の敗戦から心機一転、新たなスタートという気持ちで臨んだ。相手の強いサーブで苦しんだ場面もあったが、サーブレシーブ陣が頑張ってくれて白星を勝ち取ることができた。

来週からも厳しい戦いになるが、準備をしっかり行い、万全で臨む。本日も沢山のご声援、誠に有難うございました。

要約レポート

 地元応援団に後押しされ勢いのあるジェイテクトSTINGSに対して、パナソニックパンサーズは高さとパワーで相手を押さえ込むような形で勝利を飾った。
 1セット目、パナソニックは7対10の場面からダンチのスパイクと清水のサービスエース、福澤のスパイクなどで3連続得点を3回繰り返し16対12と逆転に成功しこのセットを先取。
 2セット目、パナソニックがスタートから福澤のサーブで相手を崩し4対0とリードする。その後はお互い得点を取り合うも、ミスの少ないパナソニックは崩れる事なく連取。
 3セット目、ジェイテクトは流れを変えるべく、古田・清野に代わって浅野・若山をスタートから起用する。これが功を奏し、相手に臆することなくスパイクを打ち込んでいく2人に引っ張られ得点を重ねこのセットを奪う。
 4セット目、パナソニックがスタートから福澤のサーブで先制すると5対5から4連続得点、16対14から5連続得点を奪うなど優位に進め、最後は福澤のパイプ攻撃でこの試合を締めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大津 聡