V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
385
[開催日]
2014/03/09
[会場]
一宮市総合体育館
[観客数]
1,720
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:35
[試合時間]
1:35
[主審]
村上 成司
[副審]
中山 健

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 11勝11敗
3 25 第1セット
【29】
23 0
25 第2セット
【28】
21
28 第3セット
【32】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算: 13勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

サントリーで経験をした試合の中で最も素晴らしい勝利の1つだった。全ての選手がこの厳しいミッション達成に向けて全力で取り組んでいる。このチームを誇りに思う。今日はチームの強みであるブロックとディフェンスで豊田合成のアタックを大幅に抑えることができた。

本日も応援ありがとうございました。

25 山村
(松崎)
金子
()

()
高松
()
23
岡本
(柴小屋)
栗山
()
レオナルド
()
内山
()
米山
(高橋)
鈴木
()
白岩
()
幡司
(岡本)
佐別當 リベロ 古賀(幸)
25 山村
(松崎)
金子
()

()
高松
(古賀(太))
21
岡本
(椿山)
栗山
()
レオナルド
(重村)
内山
(井上)
米山
(高橋)
鈴木
()
白岩
()
幡司
(山近)
佐別當 リベロ 古賀(幸)
28 山村
()
金子
(松崎)
山近
()
白岩
(井上)
26
岡本
(橋本)
栗山
(椿山)
内山
(岡本)
レオナルド
()
米山
(高橋)
鈴木
()
高松
(古賀(太))

()
佐別當 リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

ストレートで負けてしまったが、とても僅差の試合でした。全てのプレーで少しづつ負けていたと思う。ブロックとディフェンスに関しては機能していたが攻撃面で苦戦してしまった。

ホームゲームで沢山の応援ありがとうございました。今日は結果を出すことができなかったが、セミファイナルに向けて前進します。これからも応援よろしくお願いします。

要約レポート

地元開催で連勝を決め、セミファイナル進出に勢いを付けたい4位豊田合成トレフェルサと5連勝をめざす6位サントリーサンバースの第4レグ初戦となる試合。
 第1セット、両チーム譲らない展開のなかサントリー栗山のライトからの打点の高いスパイクが決まり、3連続ポイント2回を演出する。またキャプテン山村のブロックが終盤流れを作り、豊田合成のレオナルドと高松の両エースの追い上げを振り切り、このセットをものにした。
 第2セットもサントリーは高さあるブロック陣が奮闘し得点を重ね、15-14からはサントリー米山のサービスエースを含む4連続ポイントで流れを作る。豊田合成も白岩が3枚ブロックを抜くスパイクを決めるなどサントリーに流れを渡さない展開が続くが、終盤サントリーのセンターを中心とした攻撃を止められずセットを落としてしまった。
 流れを引き戻したい豊田合成は第3セット、レオナルドのサービスエースとライトからのアタックで3連続&4連続ポイントで流れを作るが、昨日も大活躍したサントリーの椿山がライトからの3本連続のスパイクを決めるなど20点以降の得点にすべて絡む活躍を見せ、サントリーは勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 梅田 宜成