V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
612
[開催日]
2014/03/22
[会場]
那覇市民体育館
[観客数]
3,120
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:54
[試合時間]
2:19
[主審]
山本 晋五
[副審]
代居 正巳

パイオニアレッドウィングス

監督: 戸澤 勉
コーチ: 舟越 悠二
通算: 3勝25敗
2 20 第1セット
【28】
25 3
27 第2セット
【32】
25
16 第3セット
【27】
25
25 第4セット
【26】
19
9 第5セット
【14】
15

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 15勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

今日の試合では、強弱をつけた攻撃にディフェンスが対応できませんでした。
お互いに粘りがあるゲームができました。
レギュラーラウンド最終戦を勝利で飾ることができなくて残念でしたが、次のチャレンジマッチに勝って、来シーズンまた頑張りたいと思います。28試合温かい応援ありがとうございまいた。

20 三橋
()
浅津
(横田)
平松
()
竹田
()
25
森谷
()
倉見
(佐藤)
藤田
()
山田(真)
()
冨永
()
アレクサンドラ
(服部(晃))
カナニ
()
矢野
(山田(侑))
吉田 リベロ 梶原
27 アレクサンドラ
()
浅津
(横田)
竹田
()
山田(真)
(日隈)
25
森谷
()
倉見
(佐藤)
平松
()
矢野
()
冨永
()
三橋
(服部(晃))
藤田
(川島)
カナニ
(山田(侑))
吉田 リベロ 梶原
16 アレクサンドラ
()
浅津
(横田)
平松
()
竹田
()
25
森谷
()
倉見
(佐藤)
藤田
(眞)
山田(真)
(日隈)
冨永
()
三橋
(服部(晃))
カナニ
(山田(侑))
矢野
()
吉田 リベロ 梶原
25 アレクサンドラ
(服部(晃))
浅津
(横田)
竹田
(藤原)
山田(真)
()
19
森谷
()
倉見
()
平松
()
矢野
()
冨永
()
三橋
()
藤田
()
カナニ
()
吉田 リベロ 梶原
9 アレクサンドラ
(服部(晃))
浅津
()
平松
()
竹田
()
15
森谷
()
倉見
(佐藤)
藤田
(川島)
山田(真)
(日隈)
冨永
()
三橋
()
カナニ
()
矢野
()
吉田 リベロ 梶原

監督コメント

今日はレギュラーラウンドの最終戦。ゲームはフルセットとなり苦しい展開でしたが、なんとか勝っていい形で終わることができて良かったです。来週からのセミファイナルに向けて課題もありますが、一先ずチームの特徴を前面に出していけるようしっかり準備していきたいと思います。
本日も沢山のご声援ありがとうございました。

要約レポート

レギュラーラウンド最終戦。
第1セット、トヨタ車体クインシーズは、セッター藤田がカナニ、矢野にトスを集め、粘るパイオニアレッドウィングスを振り切ってトヨタ車体が先取した。
 続く第2セットはラリーの応酬となったが、パイオニアはアレクサンドラのサービスエースが決定打となり、セットを奪い返す。
 互いに一歩も譲らず、第5セットまでもつれ込んだ試合は、トヨタ車体が矢野の連続ブロックと平松の速攻で流れを呼び込み、最後はカナニのブロックで勝利し、セミファイナルに向けて弾みのつく一戦となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 座間味 龍玄