V・チャレンジリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
726
[開催日]
2014/01/18
[会場]
トヨタスポーツセンター第一体育館
[観客数]
220
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:08
[試合時間]
1:08
[主審]
吉岡 奈々
[副審]
北浦 陽介

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 横田 英樹
通算: 1勝3敗
0 21 第1セット
【20】
25 3
14 第2セット
【20】
25
20 第3セット
【22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 5勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

トヨタ自動車ホームゲームで挑戦の気持ちでのぞんだ。ゲームスタートからサーブミスが続き、レシーブも硬くなり終始受け身となってしまった。
トヨタ自動車らしいバレーが発揮できずに「残念である。
多くの応援ありがとうございました。
気持ちを切り替えて、次戦も挑戦の気持ちで頑張ります。

21 大保
()
浅川
()
田中
()
細川
()
25
東野
()
徳尾
()
モハメド
(安田)
山田
(井口)
上原
()
大泊
(坂口)
石垣
()
徳丸
()
福島 リベロ 辻口(智) 迫谷
14 大保
()
浅川
(渕江)
モハメド
(井口)
田中
(大道)
25
東野
()
徳尾
()
石垣
()
細川
()
上原
()
坂口
()
徳丸
()
山田
()
福島 リベロ 迫谷 辻口(智)
20 大保
()
浅川
()
木村
()
細川
()
25
東野
()
徳尾
()
井口
(小川)
山田
()
上原
(渕江)
坂口
()
石垣
(阿部)
大道
()
福島 リベロ 辻口(智) 迫谷

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

課題であるゲームの入りが悪く、自分たちのリズムで展開できなかった。
最後まで受け身で戦っていたので、明日は最初から攻めの戦いができるようにしたいと思います。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

V・プレミアリーグ昇格を目指す大分三好ヴァイセアドラーが圧倒的な強さでトヨタ自動車サンホークスを退けた。
大分三好がどのセットも主導権を握る展開だった。1セット目序盤、新人田中がブロック・スパイクと3連続得点でチームにエンジンをかけた。セッター山田から繰り出されるトス回しで多彩な攻撃と高い打点からの切り返しで、力の差を見せ付けた。山田も要所でのツーアタックで即戦力となっていた。
あとのないトヨタ自動車は3セット目、淺川・徳尾の両ウイングスパイカーがサイドから緩急織り交ぜた攻撃を仕掛けた。又、コート外まで全員で走り、全員で繋げ、若さが滲み出た姿で終盤まで競り合った。しかし、最後は高さで封じ込められ、勢いに乗ることはできなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 鷲野 由梨子