V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
585
[開催日]
2014/03/02
[会場]
西山公園体育館
[観客数]
1,600
[開始時間]
13:07
[終了時間]
14:57
[試合時間]
1:50
[主審]
北村有香
[副審]
田野昭彦

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 安保 澄
通算: 17勝5敗
3 25 第1セット
【24】
18 1
22 第2セット
【26】
25
25 第3セット
【26】
21
25 第4セット
【25】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 15勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

京都大会の2日間、運営に携わって頂いた多くの方々に感謝しています。ありがとうございました。
リーグも終盤に入り、徐々にデータが揃ってくる中で攻撃力のある東レさんに対して、対応が遅れてしまったことは否めない。選手・スタッフ今一度対策を考えてやっていきたいと思う。
そんな中でも最後は勝ち切った選手たちに関しては評価したい。戦い方を確立してしっかり戦っていきたい。
本日も最後まで熱いご声援ありがとうございました。

25 石井
()
長岡
()
高田
()
田代
(堀川)
18
平井
()
岩坂
()
宮田
()
伊藤
()
古藤
()
新鍋
(石橋)
迫田
(中道)
ペーニャ
(木村)
筒井(さ) リベロ 小平
22 石井
(石田)
長岡
(狩野)
高田
()
田代
(堀川)
25
平井
()
岩坂
()
宮田
()
伊藤
()
古藤
(シべレ)
新鍋
()
迫田
(中道)
ペーニャ
()
筒井(さ) リベロ 小平
25 石井
()
長岡
(狩野)
高田
()
田代
(堀川)
21
平井
()
岩坂
()
宮田
()
伊藤
()
古藤
(野本)
新鍋
()
迫田
(中道)
ペーニャ
(木村)
筒井(さ) リベロ 小平
25 平井
()
石井
()
高田
()
中道
(堀川)
20
古藤
(野本)
長岡
(狩野)
宮田
()
伊藤
()
新鍋
()
岩坂
(石橋)
迫田
(田代)
ペーニャ
()
筒井(さ) リベロ 小平

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日の試合は相手レシーブをうまく崩すことが出来ず苦しい展開となった。
次の週へ向けて課題をしっかり修正してレギュラーラウンド終盤の試合へ準備したい。
本日もたくさんの声援ありがとうございました。

要約レポート

現在勝率で首位を走る久光製薬スプリングスと、それを1勝差で追う2位の東レアローズの対戦という、上位2チームの直接対決となった。
1セット目はサーブレシーブからのコンビの精度に僅かに勝った久光製薬が優位に展開し、終始リードしてものにした。
東レは2セット目、レシーブに若干の狂いが生じた久光製薬につけ込み、ペーニャや高田のウイングスパイカー陣が効果的にアタックを決め接戦を勝ち取ったが、3セット目は1セット目同様の展開にもちこまれ、久光製薬に奪われた。
4セット目、序盤こそ競り合う展開になったが、中盤に岩坂の連続ブロックポイント等で抜け出した久光製薬がリズムを掴み、速攻などを織り交ぜた多彩な攻撃で少しずつリードを広げ逃げ切ってこの試合をものにした。
ミドルブロッカーを効果的に機能させられなかった東レに対し、鮮やかなコンビを展開しつつ、ここぞという時に長岡がしっかり決める久光製薬に一日の長があった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 安藤 健