V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
581
[開催日]
2014/03/01
[会場]
西山公園体育館
[観客数]
1,200
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:18
[試合時間]
1:18
[主審]
田野 昭彦
[副審]
中山  健

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 安保 澄
通算: 16勝5敗
3 25 第1セット
【25】
19 0
25 第2セット
【24】
19
25 第3セット
【23】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 11勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

本日も会場を埋めつくすたくさんの応援、本当にありがとうございました。
トヨタ車体さんの高さのあるサイドからの攻撃に対して、序盤こそ苦しめられたが、ブロックとレシーブの関係を整え徐々に対応することが出来た。
また、石田、水田、筒井(視)といったリザーブメンバーも自分の役割をしっかり果たし、今後を戦っていく上でもいい形をチームで作ることが出来た。
3LEGを良い結果で終えることが出来たが、この勢いを継続して、4LEGにも臨んでいきたい。

25 石井
(石橋)
長岡
(狩野)
カナニ
()
藤田
(川島)
19
平井
()
岩坂
()
矢野
()
平松
()
古藤
(石田)
新鍋
()
竹内(彩)
(日隈)
藤原
(山田(侑))
筒井(さ) リベロ 梶原
25 石井
()
長岡
()
カナニ
()
藤田
(竹内(彩))
19
平井
(南波)
岩坂
()
矢野
()
平松
()
古藤
()
新鍋
(石橋)
山田(真)
(日隈)
藤原
(山田(侑))
筒井(さ) リベロ 梶原
25 石井
()
長岡
(狩野)
カナニ
()
藤田
()
15
平井
(水田)
岩坂
()
矢野
()
平松
()
古藤
(シべレ)
新鍋
(石田)
山田(真)
()
藤原
(眞)
筒井(視) 筒井(さ) リベロ 梶原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日は終盤相手のペースで試合をしてしまいました。サーブレシーブを崩され、単調な攻撃になってしまい、本来のバレーをさせてもらえなかったのが敗因です。
明日から4LEGがスタートしますが、白星を飾れるようにしっかり準備して試合に臨みたいと思います。
本日もたくさんの応援をありがとうございました。

要約レポート

第3LEG最終戦を1位で迎えた久光製薬スプリングスと4位で迎えたトヨタ車体クインシーズとの一戦は、序盤から多彩な攻撃とナイスサーブに加え、安定したレシーブで久光製薬が押し気味にゲームを進めた。トヨタ車体もカナニ、藤原のアタックで反撃を試みるが、サーブレシーブを崩され、思い通りのコンビネーションを使っての攻撃ができず、積極的な選手交代もゲームの流れを変えることができなった。
2セット目に入り、サーブレシーブが崩れ、思い通りの攻撃ができず苦しい場面もあったが、要所での長岡のアタックと平井のブロックで流れをつかむと、久光製薬が連取した。
あとのないトヨタ車体だが、新鍋、岩坂のサーブでサーブレシーブを崩され、単調になった攻撃をブロック、レシーブされ、自分たちの思い通りのバレーボールを展開した久光製薬に一矢を報いることはできなかった。
第3LEGを首位で終了することとなった久光製薬が、攻撃の層の厚さと安定したレシーブ力を見せつけるゲーム展開であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 富田 博ニ