V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
576
[開催日]
2014/02/22
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
2,830
[開始時間]
16:40
[終了時間]
18:51
[試合時間]
2:11
[主審]
明井 寿枝
[副審]
高橋 弘二

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 10勝9敗
2 19 第1セット
【26】
25 3
24 第2セット
【29】
26
25 第3セット
【23】
16
25 第4セット
【25】
22
11 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 8勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1、2セット目は、うまくリズムが作れず、相手の攻撃に振り回される場面が多くありました。
 3、4セット目は、相手の攻撃をワンタッチで引っかけて、自分たちの攻撃に持っていくことができました。そして、サーブで崩して相手の攻撃を単調にして自分たちのリズムを作ることができ、とることができました。
 5セット目は、スタートのリズムのまま最後まで押し切られてしまいました。フルセットまであきらめずに持ち込めたので勝利したかったのですが勝ち切れませんでした。明日は気持ちを切り替え、チーム一丸で戦います。本日は沢山の応援本当にありがとうございました。

19 佐藤(美)
(永松)
パオリーニ
()
大野
(ハナ)
都築
()
25
江畑
()
高橋
()
白垣
(内田)
松浦
()

()
遠井
()
近江
()
島村
()
佐藤(あ) リベロ 鳥越
24
()
江畑
()
ハナ
(家高)
都築
()
26
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
内田
(大野)
松浦
(白垣)
高橋
(佐々木)
パオリーニ
()
近江
()
島村
()
斎田 佐藤(あ) リベロ 鳥越
25
()
江畑
()
ハナ
(家高)
都築
()
16
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
内田
(白垣)
松浦
()
高橋
()
パオリーニ
()
近江
()
島村
()
佐藤(あ) リベロ 鳥越
25
()
江畑
()
大野
(家高)
都築
()
22
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
白垣
(内田)
松浦
()
高橋
()
パオリーニ
()
近江
(ハナ)
島村
()
佐藤(あ) リベロ 鳥越
11
()
江畑
()
大野
()
都築
()
15
遠井
()
佐藤(美)
(永松)
内田
(ハナ)
松浦
(白垣)
高橋
()
パオリーニ
()
近江
()
島村
()
佐藤(あ) リベロ 鳥越

監督コメント

 今日の日立リヴァーレ戦をホームゲームで勝利できたことは非常にうれしいです。出だしでリズムを作れなかったり、まだまだ課題はありますが、明日も気を引き締め、多くの声援に応えていきたいと思います。明日もこの勢いを大切に、勝利するために全力を尽くします。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 第1セット、日立リヴァーレはパオリーニ、江畑のアタック、高橋のブロックなどでリードするも、NECレッドロケッツは島村のブロック、近江のサービスエース、松浦のアタックで逆転すると、その後も得点を重ね第1セットを獲った。
 第2セット、日立は高橋、遠井のアタックなどで序盤をリードするが、NECは粘り強いレシーブから攻撃につなげ追いつく。日立も佐藤(あ)のレシーブでつなぐが及ばず、NECが接戦を制し、セットを連取した。
 第3セットは、日立 高橋、遠井のアタックが決まりリードすると、中盤NECのレシーブに苦しめられたものの、遠井のサービスエースや江畑のブロックでリードを守り、このセットを獲った。
 第4セット、日立がリード、NECは松浦の正確なトスから多彩な攻撃を繰り出し追いつくも、最後は江畑、遠井のアタックが決まり、日立がセットを連取した。
 最終セットはスタートからNECが島村、大野のブロック、都築のアタックで流れを掴むと、最後は近江が連続でアタックを決め、この試合を勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大島千佳