V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
573
[開催日]
2014/02/22
[会場]
山形県総合運動公園総合体育館
[観客数]
1,600
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:03
[試合時間]
2:03
[主審]
村上 成司
[副審]
高橋 宏明

JTマーヴェラス

監督: 尾﨑 侯
コーチ: 北原 勉
通算: 6勝13敗
2 18 第1セット
【24】
25 3
25 第2セット
【26】
21
21 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【20】
14
11 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 14勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 連敗が続き厳しい状況ではあるが、今日のゲームはそれぞれの選手が各自の役割を全うするべくよく戦ってくれた。
 最終セットに東レアローズの粘りと決定力を跳ね返すことが出来なかった。
 しかし、チームの士気は高く明日のパイオニアレッドウィングス戦に向け戦う準備は整いつつある。
 チーム一丸となって勝利を目指す。
 本日は、多数応援に駆けつけて下さり本当にありがとうございました。明日も熱いご声援、宜しくお願い致します。

18 奥村
()
石井
()
ペーニャ
()
中道
(堀川)
25
橋本
(上屋敷)
早坂
()
二見
()
伊藤
()
高橋
()
石川
()
迫田
(田代)
高田
()
横江 臼井 リベロ 小平
25 奥村
(上屋敷)
石井
()
ペーニャ
()
中道
(堀川)
21
橋本
(ディララ)
早坂
()
二見
()
伊藤
()
高橋
()
石川
()
迫田
(田代)
高田
()
横江 臼井 リベロ 小平
21 石井
()
早坂
(ディララ)
ペーニャ
()
中道
(田代)
25
奥村
()
石川
()
二見
()
伊藤
()
橋本
()
高橋
()
迫田
()
高田
()
横江 臼井 リベロ 小平
25 奥村
(上屋敷)
石井
()
ペーニャ
()
中道
(田代)
14
橋本
(ディララ)
早坂
()
二見
()
伊藤
()
高橋
()
石川
()
迫田
()
高田
()
臼井 横江 リベロ 小平
11 奥村
()
石井
()
ペーニャ
()
中道
()
15
橋本
()
早坂
(ディララ)
二見
()
伊藤
(下平)
高橋
()
石川
(上屋敷)
迫田
()
高田
()
横江 臼井 リベロ 小平

監督コメント

 今日の試合、1セット目は良いリズムで進められたが、2セット目以降、ラリーで得点を挙げられず苦しい展開となった。
 明日の試合に向けてしっかり修正していきたい。
 本日も寒い中たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 首位の久光製薬スプリングスをセット率で追う東レアローズと一つでも順位を上げたいJTマーヴェラスの一戦
 JTは安定したサーブレシーブでサイドアウトを取り中盤まで接戦となるも、東レ迫田、高田のブロックで第1セットを先取。
 東レは序盤、セッター中道の両ウィングスパイカーを生かしたトスワークと迫田の力強いスパイクで流れを掴みかけるが、JT石井のサーブ、石川のブロック、途中出場のディララのライト攻撃が決まり、攻撃的なサーブと粘り強いレシーブでJTが第2セットを取った。
 第3セット、JTの攻撃的なサーブに対してサーブレシーブが安定しない東レは単調な攻撃となり、終盤までシーソーゲームの展開となったが、東レ高田、ペーニャの力強いスパイク、伊藤のサーブ、二見のブロックでJTを振り切った。
 後が無いJTはサーブレシーブが安定しない東レを積極的なサーブで攻め19−13とリードする。その後も、奥村のブロック、石川のサーブでリードを広げ、第4セットを取った。
 フルセットに持ち込まれた東レは、ペーニャのバックアタック、更には高田のサーブ、迫田のバックアタックで粘るJTを振り切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 佐藤 裕恒