V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
563
[開催日]
2014/02/09
[会場]
ベイコム総合体育館<尼崎市記念公園>
[観客数]
3,100
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:55
[試合時間]
1:55
[主審]
明井 寿枝
[副審]
塚本 健

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 10勝6敗
1 19 第1セット
【25】
25 3
25 第2セット
【25】
21
22 第3セット
【27】
25
24 第4セット
【29】
26
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 11勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 4セット目まで良い形としたが、歯車が噛み合わず勝利を逃してしまった。
 中心選手の更なる安定が、上位を掴むためには不可欠である。ゲーム展開としては尻上がりに良くなり、栗原選手も順調な仕上がりを見せ、まずまずであった。チーム内の約束事を、ホームゲームまでに精度を高めていきたい。
 大変寒い中、2日間に渡りご声援を頂きありがとうございました。

19 川畑(愛)
(村田)
佐々木(侑)
(川畑(夏))
ペーニャ
()
中道
(田代)
25

()
山口
(川島)
二見
()
伊藤
()
宮下
(栗原)
佐々木(萌)
()
迫田
()
高田
()
吉田 丸山 リベロ 小平
25
()
栗原
(卜部)
ペーニャ
()
中道
(堀川)
21
宮下
(川島)
佐々木(萌)
()
二見
()
伊藤
()
佐々木(侑)
()
山口
(川畑(夏))
迫田
(田代)
高田
()
丸山 吉田 リベロ 小平
22 栗原
(川畑(愛))
佐々木(萌)
()
ペーニャ
()
中道
(堀川)
25
川島
(関)
山口
(福田)
二見
()
伊藤
()
宮下
()
佐々木(侑)
(川畑(夏))
迫田
(田代)
高田
()
丸山 リベロ 小平
24
()
川畑(愛)
(川畑(夏))
ペーニャ
()
中道
(堀川)
26
宮下
()
佐々木(侑)
()
二見
()
伊藤
()
佐々木(萌)
(福田)
川島
(山口)
迫田
(田代)
高田
()
丸山 吉田 リベロ 小平

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、昨日の課題となったディフェンス面でうまくリズムをつくる事ができた。
 相手にリズムを作られる場面もあったが、全員で立て直す事ができた。来週の試合へ向けてしっかり準備をしたい。
 寒い中、沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在首位の岡山シーガルズと、岡山に対して黒星のない東レアローズの対戦は、第3Leg初戦も東レが勝利した。
 第1セット、東レは序盤サービスエースなどで大きくリードした。岡山は山口、宮下のアタックでポイントを重ねたが、東レペーニャのサーブでつき離し、セットを先取した。
 第2セット、岡山は栗原、関がブロックで東レの攻撃を阻止し、山口のブロード攻撃で東レを惑わせてセットカウント1−1とした。
 第3セット、岡山は栗原にトスを集め善戦するも、東レ高田の攻撃が上回り、東レがセットカウントを2−1とした。
 第4セット、一進一退の攻防が続く中、終盤リードした東レを岡山が猛追するが一歩及ばず、東レが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 松上 麻美