V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
560
[開催日]
2014/02/08
[会場]
加古川市立総合体育館
[観客数]
2,600
[開始時間]
15:25
[終了時間]
16:54
[試合時間]
1:29
[主審]
塚本健
[副審]
明井寿枝

JTマーヴェラス

監督: 尾﨑 侯
コーチ: 北原 勉
通算: 6勝9敗
0 22 第1セット
【27】
25 3
20 第2セット
【26】
25
25 第3セット
【30】
27
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 10勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は何としても勝つという想いで臨んだが、各セットとも中盤以降に精神的な弱さを出してしまった。
 長く厳しい状況が続いているが、全てのプレーに問題があるわけではない。良いプレーを続け、自信を取り戻すまでファイトしていくしかない。
 本日は悪天候の中、ホームゲームの応援に駆けつけてくださった皆様、ご声援、本当にありがとうございました。
 明日の尼崎大会での勝利を目指します。熱いご声援、宜しくお願い致します。

22 石井
()
早坂
()
山口
()
福田
(佐々木(萌))
25
奥村
(上屋敷)
石川
()
佐々木(侑)
(川島)
宮下
()
橋本
()
高橋
()
川畑(愛)
()

(川畑(夏))
横江 臼井 リベロ 吉田 丸山
20 石川
()
高橋
()
佐々木(萌)
()
宮下
()
25
早坂
()
橋本
()

(卜部)
山口
()
石井
()
奥村
(山口)
佐々木(侑)
(川畑(夏))
川畑(愛)
()
臼井 横江 リベロ 丸山 吉田
25 高橋
()
早坂
()
山口
(川島)
佐々木(萌)
()
27
奥村
()
石川
()
佐々木(侑)
(川畑(夏))
宮下
(栗原)
橋本
(寺井)
石井
()
川畑(愛)
(福田)

()
横江 臼井 リベロ 丸山

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1、2セット、粘りながらまずまずの試合運びで連取し、波に乗りかけたが、3セット目に反省すべき焦りからのミスが出た。川畑(夏)と栗原がムードを切り替えてくれたことが3−0の勝利につながった。エースの福田がさらに安定することが上位進出へのポイントである。
 大雪の中、駆けつけてくださったファンの方々に厚くお礼申し上げます。
 明日も、よろしくお願いします。

要約レポート

 序盤JTマーヴェラスがリードする展開が続いたが、岡山シーガルズ川畑(愛)のアタックをきっかけに、6連続得点し逆転。その後、岡山の福田と山口の活躍でリズムに乗り、第1セットを先取した。
 第2セットは、序盤から一進一退の攻防が続き、この流れはセット終盤まで続いたが、岡山は佐々木(萌)と関のアタックが冴えわたり、加えて佐々木(侑)のフェイントで流れを引き寄せて岡山が連取した。
 第3セットは石川のセンター攻撃が連続して決まり、JTが徐々にリードを広げた。対する岡山は、セッターを川畑(夏)に交代し、流れを変えようとしたが、JTが24点目を先取。しかし、岡山は関のフェイント攻撃が決まると交代して入った福田のアタックが連続して決まり、試合はデュースに。最後、岡山は佐々木(萌)の思い切りの良いアタックで大逆転し、3−0で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高濱 祐介