V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
559
[開催日]
2014/02/08
[会場]
加古川市立総合体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:47
[試合時間]
1:47
[主審]
三見洋子
[副審]
代居正巳

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 10勝5敗
1 25 第1セット
【24】
23 3
22 第2セット
【24】
25
22 第3セット
【27】
25
17 第4セット
【23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 8勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、相手の攻撃をうまくディフェンスする事ができなかった。
 次の試合へ向けてしっかり修正できるよう様、準備していきたい。
 雪の中、たくさんの応援をいただきまして本当にありがとうございました。

25 伊藤
()
ペーニャ
()
藤田
()
平松
()
23
中道
()
迫田
()
カナニ
()
竹田
()
高田
()
二見
()
矢野
()
山田(真)
()
小平 リベロ 高橋
22 伊藤
()
ペーニャ
(木村)
カナニ
(梶原)
藤田
(眞)
25
中道
(堀川)
迫田
(田代)
矢野
(川島)
平松
()
高田
()
二見
()
山田(真)
()
竹田
()
小平 リベロ 高橋
22 伊藤
()
ペーニャ
()
藤田
()
平松
(衛藤)
25
中道
(田代)
迫田
()
カナニ
(梶原)
竹田
()
高田
()
二見
()
矢野
()
山田(真)
()
小平 リベロ 高橋
17 伊藤
()
ペーニャ
()
カナニ
(梶原)
藤田
(眞)
25
中道
()
迫田
()
矢野
()
平松
(衛藤)
高田
()
二見
()
山田(真)
()
竹田
()
小平 リベロ 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第3Legスタートの大事な試合を白星で飾ることができて良かったです。1セット目リードするも終盤で追いつかれ、セットを落としてしまったが、2セット目以降しっかり切り替えて集中力を維持し、対応できたと思います。
明日もしっかり準備をして試合に臨みたいと思います。本日は天候の悪いなか、会場まで足を運んでいただきありがとうございました。

要約レポート

 先週第2Legを終了し、1位の東レアローズと5位のトヨタ車体クインシーズの第3Leg初戦はトヨタ車体がキャプテン竹田の活躍で3−1で第2Legに続き勝利した。
 第1セット中盤、トヨタ車体はカナニのレフトからのスパイクや矢野のセンター攻撃で5連続ポイントを挙げ試合の主導権を握る。一方東レは16−20から高田のサーブでトヨタ車体のレシーブを崩し、6連続ポイントで逆転しセットを取る。
 第2セット、トヨタ車体はレフト攻撃を中心に、一方東レは、二見と伊藤のセンター攻撃を中心に一進一退の攻防が終盤まで続いた。終盤トヨタ車体竹田とカナニのスパイク、サービスエースでセットを取る。
 第3セット東レはペーニャと高田にトスを集めレフト攻撃を展開したが、戦況はあまり変わらず、第2セット同様一進一退の攻防戦となる。終盤トヨタ車体は竹田と衛藤のサーブで東レのレシーブを崩し、カナニのスパイクで連続得点しセットを取る。
 第4セットリズムに乗れない東レに対して、トヨタ車体はカナニと竹田のレフトスパイクと平松のブロード攻撃で着実に得点を重ね勝利し、第3Leg最高のスタートとなった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 田中昌宏