V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
558
[開催日]
2014/02/08
[会場]
鶴岡市小真木原総合体育館
[観客数]
1,375
[開始時間]
16:05
[終了時間]
17:35
[試合時間]
1:30
[主審]
浅井 唯由
[副審]
大塚 達也

パイオニアレッドウィングス

監督: 戸澤 勉
コーチ: 舟越 悠二
通算: 2勝13敗
0 20 第1セット
【25】
25 3
22 第2セット
【27】
25
29 第3セット
【32】
31
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 9勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 どのセットとも、序盤はリード出来るのですが、中盤に日立に追いつかれるという展開でした。互いのチームとも得点力の高いローテーと低いローテがはっきりしており、肝心な場面でリードを許してしまいました。
 ホームゲームという強みを活かして明日も頑張ります。
 今日は寒い中、足を運んで応援いただきありがとうございました。

20 服部(晃)
(今野)
浅津
(横田)
遠井
()

()
25
香野
()
森谷
()
高橋
()
江畑
()
冨永
()
三橋
(林)
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
吉田 リベロ 佐藤(あ)
22 服部(晃)
()
浅津
(横田)
遠井
()

()
25
香野
()
森谷
(佐藤)
高橋
()
江畑
()
冨永
()
三橋
(林)
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
吉田 リベロ 佐藤(あ)
29 服部(晃)
()
浅津
(林)
遠井
()

()
31
香野
()
森谷
()
高橋
()
江畑
()
冨永
()
三橋
(今野)
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
吉田 リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は、前半に良い流れとなるパイオニアだったが、毎セット、サーブとブロックの連携が上手くいき、そこからリズムを掴むことが出来た。
 わずかな差で得点したり、失点したりすることを痛感した。明日も試合は続くので、この微かな差を守り大切にやっていきたい。
 今日も熱いご声援、ありがとうございました。感謝しています。

要約レポート

 地元の声援を受け、後半戦を白星スタートで巻き返しを図りたいパイオニアレッドウィングスと、前半戦4位とファイナルラウンド進出に向け勝率を上げていきたい日立リヴァーレとの対戦。 
 第1セッットは序盤の競り合いから、日立遠井のスパイクやパオリーニ、江畑のブロックなどで18-13と日立がリード。パイオニアは19ー22まで追いついたものの、日立は髙橋、江畑にボールを集め、このセットを先取した。
 第2セットは、両チームとも序盤から一進一退の攻防を繰り返し、21−21になったところで日立は南のブロックや江畑のスパイクで追いすがるパイオニアを振り切った。
 第3セット、後が無くなったパイオニアは浅津、服部の活躍でデュースまで競り合ったものの、日立のセッター佐藤(美)が最後まで的を絞らせないトスワークで、髙橋、江畑、遠井などのアタッカーを活かし切りストレートで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 百瀬 克浩