V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
383
[開催日]
2014/03/08
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
1,500
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:06
[試合時間]
2:06
[主審]
石井 洋壮
[副審]
山本 晋五

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 14勝7敗
3 19 第1セット
【22】
25 2
25 第2セット
【23】
21
19 第3セット
【24】
25
25 第4セット
【27】
22
16 第5セット
【18】
14

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 11勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手のサイドアウト能力が高く、常に追いかける展開が続き、苦しい状況の連続であったが、今日も全員の力で勝利をもぎ取ってくれた。コンビの合わない所は修正しなければならないが、センターラインをしっかり使えている事は評価できる。
 これで3戦連続でフルセットの試合、サポーターの後押しが力になっています。また明日に向けてしっかり準備したいと思う。ありがとうございました。

19 千々木
()
佐川
()
富松
()
米山
()
25
松本
()
内藤
()
近藤
(王)
ボヨビッチ
()
ペピチ
()
石島
(伊藤)
星野
(田辺)
篠田
()
井上 リベロ 井手
25 石島
()
ペピチ
()
富松
()
米山
()
21
内藤
()
松本
()
近藤
()
ボヨビッチ
()
佐川
(北島)
千々木
(伊藤)
星野
(田辺)
篠田
()
井上 リベロ 井手
19 石島
()
ペピチ
()
篠田
()
星野
(田辺)
25
内藤
()
松本
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
佐川
(今村)
千々木
(伊藤)
米山
()
富松
()
井上 リベロ 井手
25 佐川
(千々木)
内藤
()
ボヨビッチ
()
篠田
()
22
伊藤
()
石島
()
米山
(瀬戸口)
星野
(田辺)
松本
()
ペピチ
()
富松
()
近藤
(王)
井上 リベロ 井手
16 内藤
()
石島
()
富松
()
米山
()
14
佐川
(千々木)
ペピチ
()
近藤
(王)
ボヨビッチ
()
伊藤
()
松本
()
星野
(田辺)
篠田
()
井上 リベロ 井手

監督コメント

 競り合いを制する決定力に欠けた。
 まだ4強への望みが消えたわけではないので、気持ちを切らさず明日のゲームを迎えたい。
 応援よろしくお願いします。

要約レポート

 現在、2位の堺ブレイザーズと5位の東レアローズの一戦。どちらもファイナルラウンド進出のために、勝って勢いをつけたいところである。
 堺は石島のサーブやブロック,ペピチのパワフルなスパイクに,効果的な松本のクイックで攻撃を組み立てていく。それに対して,東レは攻守に安定感を見せる米山やミドルブロッカーの富松のブロックで対抗する。一進一退の攻防を繰り返し,それぞれ2セットをとりあい、勝負は第5セットにもつれ込んだ。
 最終セット、堺が序盤からペピチのスパイクや内藤のブロックで流れをつかむ。東レもレシーブで粘りを見せるが,最後は4セット目からスタメンで出場した堺の伊藤がブロックポイントを決めて堺が勝利し、2時間を越える熱戦にピリオドを打った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 佐賀野 健