V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
381
[開催日]
2014/03/08
[会場]
一宮市総合体育館
[観客数]
1,740
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:23
[試合時間]
1:23
[主審]
高橋 弘二
[副審]
浅井 唯由

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算: 13勝8敗
3 25 第1セット
【25】
20 0
25 第2セット
【25】
18
25 第3セット
【27】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 15勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 とても大事な1勝を取ることができました。選手、スタッフ共に集中し自分たちの仕事をやり切りました。チームプレーで取った1勝だと思います。
 今日はホームゲームへたくさんの人たちが来場して頂きました。苦しい場面もありましたが、応援の後押しで乗り切ることができました。明日も頑張りますので、応援をよろしくお願いいたします。
 本日はありがとうございました。

25 白岩
()
レオナルド
()
枩田
()
福澤
()
20
山近
()

()
清水
(伊東)
深津
(大竹)
内山
(井上)
高松
()
ダンチ
()
白澤
(渡辺)
古賀(幸) リベロ 永野
25 レオナルド
()

()
枩田
(川村)
福澤
()
18
白岩
()
高松
()
清水
(大竹)
深津
(伊東)
山近
()
内山
(井上)
ダンチ
()
白澤
(渡辺)
古賀(幸) リベロ 永野
25 山近
(黒澤)
白岩
()
白澤
(渡辺)
ダンチ
()
20
内山
(井上)
レオナルド
()
深津
(大竹)
清水
()
高松
()

()
福澤
(川村)
山添
(枩田)
古賀(幸) リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 立ち上がりからミスが先行し、リズムが崩れてしまった。
 心機一転、明日からの第4レグに全力集中していきます。

 本日もたくさんの応援、誠にありがとうございました。

要約レポート

 第3レグ最後の試合を地元で迎えた4位豊田合成トレフェルサと首位を行くパナソニックパンサーズの試合は、豊田合成がセミファイナル進出をかけた大事な試合を、見事ストレートで勝ちを収めた。
 豊田合成は、エース高松が「自分たちのペースに持ち込むぞ」と声を張り、チームを鼓舞し続けた言葉通り、どのセットを見ても豊田合成のペースであった。
 第1・2セットともに、パナソニックのミスを見逃さずレオナルドのライト攻撃や、高松のコートを広く使った攻撃が決まり主導権を渡さなかった。豊田合成の白岩のブロックやサイド攻撃も随所で輝きを放った。
 また、第2セットはセッター内山が巧みなトスワークでパナソニックのブロック陣に的を絞らせず、ポイントを上げた。
 一方のパナソニックも流れを引き戻すために、清水や福澤のパワーのある攻撃で応戦したが、豊田合成・古賀(幸)のレシーブを中心に全員でボールを繋ぎ、エース高松やレオナルドが決める展開が続いた。
 第3セットもこの流れは続き、中盤の10−9からの3連続ポイントを皮切りに、パナソニックに主導権を渡さず豊田合成がこの試合を勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 梅田 宜成