V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
378
[開催日]
2014/03/02
[会場]
東京体育館
[観客数]
3,100
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:13
[試合時間]
2:13
[主審]
村中 伸
[副審]
澤 達大

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 13勝7敗
3 25 第1セット
【27】
22 2
19 第2セット
【25】
25
18 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【30】
23
15 第5セット
【14】
6

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算: 13勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日に引き続き、大変タフな試合であったが、今日も最後まであきらめず、チーム全員で勝利をつかんでくれた。第2セットから第3セットにかけて相手の攻撃に対応出来ず苦しんだが、第4セット以降は要所でのブロック得点をすることが出来、主導権を握る事が出来た。
 今日もたくさんのサポーターの応援が私達に力を与えていただきました。ありがとうございました。

25 佐川
(北島)
内藤
()
イゴール
()
安永
()
22
千々木
()
石島
()
越川
()
國近
()
松本
(伊藤)
ペピチ
()
筧本
()
井上
()
井上 リベロ 酒井
19 佐川
(北島)
内藤
()
越川
()
イゴール
()
25
千々木
()
石島
()
筧本
()
安永
()
松本
()
ペピチ
()
井上
()
國近
()
井上 リベロ 酒井
18 佐川
(今村)
内藤
(出耒田)
イゴール
()
安永
(神田)
25
千々木
()
石島
(伊藤)
越川
()
國近
()
松本
()
ペピチ
(松岡)
筧本
(安井)
井上
()
井上 リベロ 酒井
25 石島
()
ペピチ
()
越川
()
イゴール
()
23
内藤
()
松本
()
筧本
(安井)
安永
()
佐川
(北島)
千々木
()
井上
()
國近
()
井上 リベロ 酒井
15 石島
()
ペピチ
()
越川
()
イゴール
()
6
内藤
()
松本
()
筧本
()
安永
()
佐川
(北島)
千々木
()
井上
(深津)
國近
(小澤)
井上 リベロ 酒井

監督コメント

 堺ブレイザーズにはおめでとうを言いたい。敗れはしたものの1〜4セットは互いにレベルの高いプレーだったと思う。5セット目に関しては4セット目までのような高いレベルでプレーする事が出来なかった事がゲームの勝敗を分けたと思う。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 2位のJTサンダーズと、4位で1つ差で追う堺ブレイザーズの一戦。
 越川の強烈なスパイクから始まった1セット目、序盤からJTは越川、イゴールに、堺は石島、ペピチにボールを集める。堺は井上の好レシーブやペピチの連続サービスエースで終始優位に展開し先取する。
 2セット目、堺は、センター松本を多用し崩したいが、逆にJTの越川、イゴールの攻撃や、國近が随所でスパイクやブロックを決めセットを取り返す。
 3セット目は中盤でJTの筧本、井上がブロックを決めると流れは一気に傾き、JTが連取した。
 4セット目、堺は石島が攻守に渡り好プレーを見せ、チームをまとめる。JTもイゴールのサービスエース、強烈なスパイク、國近の好レシーブ、筧本の速攻、越川のサービスエースで20点目前からの猛烈な反撃でみせた。しかし、最後は接戦を堺がものにし、フルセットに持ち込んだ。
 5セット目、堺は勢いを止めることなく、この日Vリーグ通算出場230試合を達成し、Vリーグ栄誉賞を受賞した松本に花を添える勝利をつかんだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 遠藤 春枝