V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
377
[開催日]
2014/03/02
[会場]
東京体育館
[観客数]
2,100
[開始時間]
10:05
[終了時間]
11:15
[試合時間]
1:10
[主審]
富田 満
[副審]
印藤 智一

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 長井 浩二
通算: 4勝16敗
0 19 第1セット
【23】
25 3
13 第2セット
【19】
25
17 第3セット
【22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 15勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 サイドアウト率の高いパナソニックに対して、サーブで攻め的を絞っていきたかったが、逆にサーブで攻められオフェンスが単調になってしまった。
 途中出場した古田が活躍したことは、チームにとって明るい材料である。来週に向けて良い準備をしていきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

19 袴谷
()
高橋(和)
()
枩田
(川村)
福澤
()
25
高橋(慎)
()
サンチェス
()
清水
()
深津
()
浅野
(古田)
金丸
()
ダンチ
()
白澤
(渡辺)
興梠 リベロ 永野
13 高橋(和)
()
高橋(慎)
(久保山)
枩田
()
福澤
()
25
金丸
(松原)
袴谷
()
清水
()
深津
()
サンチェス
()
古田
()
ダンチ
()
白澤
(渡辺)
興梠 本間 リベロ 永野
17 高橋(和)
()
高橋(慎)
()
枩田
(山添)
福澤
()
25
金丸
()
袴谷
()
清水
()
深津
()
サンチェス
(清野)
古田
()
ダンチ
()
白澤
(谷村)
興梠 リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ディフェンスが上手く機能し、各セットでブレイクポイントが取れ良い展開がつくれた。リーグも終盤に入ってきているので、コンディションをあげていき、チームを完成させていくために全力を尽くしていく。
 本日もたくさんのご声援誠にありがとうございました。

要約レポート

 昨日勝利し互いに波に乗るパナソニックパンサーズとジェイテクトSTINGSの対戦。
 第1セット、パナソニックはサーブレシーブを確実に返球し、深津がブロックの的を絞らせないトスワークを見せると、アタッカー陣が得点を重ねる。サーブでも清水のサービスエースなどで相手を崩し、高さで勝るブロックも決まりリードする。ジェイテクトはサイドアタッカーを古田に代え、追いすがるがパナソニックが先取する。
 第2セットもパナソニックの勢いは変わらず、ダンチのサーブから福澤、白澤が次々とブロックを決め12連続得点をあげて連取する。
 第3セット、ジェイテクトは古田、清野がスパイク、サーブで活躍をみせるが、レシーブが安定せず攻撃へつなげることができない。逆にパナソニックはサーブで攻め、アタッカーが確実に得点をあげて快勝し、首位をキープした。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江