V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
374
[開催日]
2014/03/01
[会場]
東京体育館
[観客数]
3,000
[開始時間]
13:35
[終了時間]
14:52
[試合時間]
1:17
[主審]
大塚 達也
[副審]
村中 伸

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 14勝5敗
3 25 第1セット
【22】
16 0
25 第2セット
【25】
19
25 第3セット
【24】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 10勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートからサイドアウトが安定し、良い流れがつくれた。しかし自分達のミスによりブレイクポイントを逃しているケースが目立つので修正、改善しなくてはいけない。
 本日もたくさんのご声援誠に有難うございました。明日の試合も全力を尽くします。

25 白澤
(川村)
ダンチ
()
篠田
()
米山
()
16
深津
(伊東)
清水
()
ボヨビッチ
()
近藤
(梅野)
福澤
()
枩田
(渡辺)
鈴木
(瀬戸口)
富松
(大木)
永野 リベロ 井手
25 白澤
(谷村)
ダンチ
()
篠田
()
米山
()
19
深津
(伊東)
清水
()
ボヨビッチ
(大木)
近藤
()
福澤
()
枩田
(渡辺)
瀬戸口
(星野)
富松
(鈴木)
永野 リベロ 井手
25 白澤
(川村)
ダンチ
()
篠田
()
米山
()
18
深津
()
清水
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
福澤
()
枩田
(渡辺)
星野
()
富松
()
山本 永野 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日のゲームは全くバレーをさせてもらえなかった。沢山の応援にかけつけていただいたのに大変申し訳ない気持ちである。明日のゲームは切りかえて臨みたい。応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 現在トップを走るパナソニックパンサーズに対し、何とか勝利を加え、四強に入りたい東レアローズの戦い。
 パナソニックは、司令塔・深津が、清水、ダンチ、福澤を駆使し東レを苦しめ、逆に東レはボヨビッチを中心にパナソニックに攻撃を組み立てた。しかし、その決定力の差は歴然としていた。パナソニックの清水、福澤の高いジャンプからのアタック、ダンチのパワーあるアタックで圧倒。東レはブロック決定本数でトップの富松がこの試合でも要所でブロックを決めたが、パナソニックが勝り勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等