V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
367
[開催日]
2014/02/22
[会場]
熊本県立総合体育館
[観客数]
2,140
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:21
[試合時間]
2:21
[主審]
石井 洋壮
[副審]
代居 正巳

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 10勝7敗
3 24 第1セット
【30】
26 2
25 第2セット
【30】
23
25 第3セット
【27】
21
20 第4セット
【27】
25
15 第5セット
【15】
12

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 6勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ゲームのスタート時にチームの一体感が欠けていた。篠田・富松らのベテランがチームを鼓舞してくれたおかげで立て直せた。
 明日はしっかりとしたスタートを切れるように準備していきたい。
 明日も応援よろしくお願いします。

24 富松
(鈴木)
星野
(田辺)
椿山
()
塩田
(鈴木)
26
近藤
()
ボヨビッチ
()
金子
()
米山
()
米山
(角田)
篠田
()
山村
(松崎)
岡本
(栗山)
井手 リベロ 佐別當
25 富松
()
星野
(鈴木)
塩田
(鈴木)
米山
()
23
近藤
(王)
ボヨビッチ
()
椿山
(栗山)
岡本
(冨士田)
瀬戸口
()
篠田
()
金子
()
山村
()
井手 リベロ 佐別當 高橋
25 富松
(黒木)
鈴木
(田辺)
栗山
()
塩田
(鈴木)
21
近藤
()
ボヨビッチ
()
金子
(松崎)
米山
(柴小屋)
瀬戸口
()
篠田
()
山村
(冨士田)
岡本
(橋本)
井手 リベロ 佐別當
20 富松
()
鈴木
(田辺)
鈴木
(松崎)
金子
()
25
近藤
()
ボヨビッチ
()
栗山
()
橋本
()
瀬戸口
(米山)
篠田
()
柴小屋
()
山村
(米山)
井手 リベロ 佐別當
15 富松
(黒木)
鈴木
(田辺)
鈴木
(松崎)
金子
()
12
近藤
()
ボヨビッチ
()
栗山
()
橋本
(冨士田)
米山
()
篠田
()
柴小屋
()
山村
()
井手 リベロ 佐別當

監督コメント

 このゲームに勝利するチャンスは、多くあったが、それを生かしきれなかった。
 技術面でのミスが多かったことが、その理由だ。
 2セット目、相手サービスエース3本でゲームの流れが変わった。
 明日のホームゲームに勝つために今から準備したい。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 熊本では最後のホームゲームとなる本シーズン現在6位のサントリーサンバーズと、5位の東レアローズとの一戦。
 サントリーは、椿山のサーブなどで東レの攻撃を単調にし、取れる点数を確実にものにして1セット目を先取。
 一方、東レは、篠田、富松のブロック等が機能し、攻撃にリズムが出だし、第2,第3セット目を連取。
 第4セット、後のないサントリーは、栗山等のサーブと粘り強いレシーブなどで、要所にミスの出た東レを振り切り取り返す。
 ファイナルセットは、共に一敗もできないチーム同士の戦いらしく、随所に、両チームの意地が見られたが、要所で東レ米山(裕)が攻守に勝負強さを発揮し、最後は、富松のブロックで東レが勝利をものにし、先週からの連勝を3に伸ばした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 山田禎郎