V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
364
[開催日]
2014/02/16
[会場]
北九州市立総合体育館
[観客数]
2,200
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:22
[試合時間]
1:22
[主審]
塚本 健
[副審]
小野 将人

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 12勝4敗
3 25 第1セット
【24】
21 0
25 第2セット
【28】
23
25 第3セット
【24】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 6勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日に比べ、攻守ともに安定していたので、試合を優位に進めることができた。しかし、連続失点などの修正点がまだまだあるのが現状であり、改善していかなければならない。
 本日もたくさんのご声援、誠にありがとうございました。来週も引き続き、ご声援よろしくお願いします。

25 白澤
(渡辺)
ダンチ
()
山村
()
金子
()
21
深津
()
清水
()
岡本
(栗山)
椿山
()
福澤
()
山添
()
米山
()
鈴木
()
永野 リベロ 佐別當
25 白澤
(渡辺)
ダンチ
()
鈴木
(松崎)
米山
()
23
深津
(伊東)
清水
()
椿山
(橋本)
岡本
(栗山)
福澤
(谷村)
山添
()
金子
()
山村
(塩田)
永野 リベロ 佐別當
25 白澤
(渡辺)
ダンチ
()
椿山
(橋本)
鈴木
()
18
深津
(伊東)
清水
(大竹)
金子
(柴小屋)
米山
()
福澤
()
山添
()
山村
()
岡本
(栗山)
永野 リベロ 佐別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 首位を行くパナソニックを相手に、我がチームの弱さが、特にセットの後半以降に表に出る結果となった。
 本日も応援ありがとうございました。来週のホームゲームに連勝し、今後の戦いにつなげたい。

要約レポート

 首位パナソニックパンサーズと6位サントリーサンバーズの後半初戦。
 前日の敗戦を払拭したい両チームの対戦は、椿山を中心に攻めるサントリーのリードで終盤までゲームは進んだが、白澤と福澤の3連続ブロックで逆転したパナソニックが、更に福澤の連続ブロックで突き放し、第1セットを先取した。
 第2セットは、流れをつかんだパナソニックが、ダンテを中心に清水・福澤の攻撃を織り交ぜてリードする展開となった。中盤、パナソニックの連続ミスから塩田のブロックと椿山の連続サービスエースでサントリーが一気に追いつき、最後までもつれる展開となったが、白澤のブロックが決まって粘るサントリーを振り切り、パナソニックがセットを連取した。
 第3セット、後のなくなったサントリーは、川村と山村の攻撃で挽回を図るが、攻撃のリズムを取り戻したパナソニックが、地元出身白澤の速攻・ブロックの活躍もあって終始リードした展開でゲームは進み、途中交代した伊東が最後を決めて勝利し、首位をキープした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒木 政光