V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
555
[開催日]
2014/02/02
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
2,600
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:30
[試合時間]
1:25
[主審]
代居 正巳
[副審]
山本 晋五

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 9勝5敗
3 25 第1セット
【22】
16 0
26 第2セット
【30】
24
25 第3セット
【27】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 7勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の反省を生かし、佐々木(侑)選手をスタートから起用したことがあたり、2セット途中まで主導権を握ったことが何よりの勝利の要因。しかし、2セット目のように大量リードからジュースにもちこまれないように、それ以前にしっかりし、いい技を展開していけるようがんばりたい。
 それが勝利への近道である。
 昨日の気持ちを切り替え、勝利できたことは2LEGを終えるにあたり、
いいけじめであった。3、4LEGと更に成長できるようがんばりたいと思いますので今後もよろしくお願いします。
 本日は遠方よりご声援ありがとうございました。

25 川畑(愛)
()
佐々木(侑)
()
矢野
()
カナニ
(藤原)
16
山口
()
川島
()
山田(真)
()
藤田
()
宮下
()
福田
()
竹田
()
平松
()
吉田 丸山 リベロ 高橋
26 山口
(川畑(夏))
川畑(愛)
()
竹田
()
山田(真)
(梶原)
24
宮下
()
佐々木(侑)
()
平松
()
矢野
(山田(侑))
福田
(佐々木(萌))
川島
(卜部)
藤田
()
カナニ
(藤原)
丸山 リベロ 高橋
25 福田
(川畑(愛))
佐々木(侑)
()
矢野
()
藤原
()
20

()
山口
(川畑(夏))
山田(真)
()
藤田
()
宮下
(川島)
佐々木(萌)
()
竹田
()
平松
(山田(侑))
丸山 リベロ 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 2LEGの最終戦、いい形で終わりたかったが、ストレートで敗戦となった。
 2セット目以降、相手の攻撃に対応できるようになり、持前の粘り強いレシーブから起点をつくり、自分たちのリズムでバレーを展開できたが、1歩及ばずとなった。
 次週より3LEGがスタートするが、しっかり準備をして試合に臨みたいと思います。
 本日も沢山のご声援をありがとうございました。
 

要約レポート

 福田のブロックポイントで幕を明けた、2位岡山シーガルズと5位トヨタ車体クインシーズの今シーズン中盤最終戦。
 安定したレシーブから幅広い攻撃を繰り広げる岡山シーガルズが序盤からリードを広げ、第1セットを先取した。
 続く第2セットも、ミスの目立つトヨタ車体は前半からリードを許してしまった。何とかしたいトヨタ車体は、好調な藤原に攻撃を集め、終盤ついに追いついたが力及ばず、岡山が連取した。
 第3セットに入って、2セット終盤の好調を維持したトヨタ車体が、藤原を中心に竹田・平松の攻撃を織り交ぜて前半リードしたが、要所で山口のスパイクが決まって徐々に追いつき、川畑の連続ポイントで一気に突き放した岡山が勝利し、2位を堅守した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒木 政光