V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
554
[開催日]
2014/02/02
[会場]
東京体育館
[観客数]
2,800
[開始時間]
15:25
[終了時間]
17:31
[試合時間]
2:06
[主審]
田野 敏彦
[副審]
山本 和良

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 5勝9敗
2 25 第1セット
【23】
20 3
25 第2セット
【27】
22
19 第3セット
【24】
25
21 第4セット
【24】
25
13 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 8勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最後までどちらへ軍配が上がるかわかりませんでしたが、最後勝ちきる事ができませんでした。多くの声援を受けた試合だけに、非常に悔しいです。良い部分を活かし、悪いところを修正して、来週の試合へと臨みたいと思います。
 引き続き、ご声援宜しくお願いします。

25 島村
()
都築
(ハナ)
遠井
()

()
20
松浦
()
白垣
(金子)
高橋
()
江畑
()
内田
()
大野
()
パオリーニ
(佐々木)
佐藤(美)
(永松)
鳥越 リベロ 佐藤(あ)
25 島村
()
都築
(ハナ)
遠井
()

()
22
松浦
()
白垣
(金子)
高橋
(佐々木)
江畑
()
内田
()
大野
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
鳥越 リベロ 佐藤(あ)
19 島村
()
都築
(ハナ)
遠井
()

()
25
松浦
()
白垣
()
佐々木
()
江畑
()
内田
(近江)
大野
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
()
鳥越 リベロ 佐藤(あ)
21 島村
()
都築
()
遠井
()

()
25
松浦
()
白垣
(ハナ)
佐々木
()
江畑
()
内田
(近江)
大野
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
鳥越 リベロ 佐藤(あ)
13 島村
()
都築
()
遠井
()

()
15
松浦
(白垣)
ハナ
(内田)
佐々木
()
江畑
()
近江
()
大野
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
鳥越 リベロ 佐藤(あ)

監督コメント

 今日は苦しい展開にもかかわらず、選手一人一人が強い気持ちで最後まで戦い抜いてくれた。セット途中からであったが、14番佐々木が思い切りの良いプレーでチームの流れを変えてくれた。それにより、スパイクでは江畑、パオリーニが活躍し、ブロックでは南、レシーブでは佐藤ありさがチームをそれぞれで牽引し勝利することができた。
 ファンの方々、熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット。序盤、日立江畑、NEC島村の打ち合い。20対17からNECは大野のブロック、内田のサーブポイントで差を広げる。日立も江畑、パオリーニのアタックで反撃するが、NECは白垣のブロックポイント、金子のサービスポイント、内田のアタックでセットを取る。第2セット、NECは序盤、島村、白垣のアタックでリードする。日立も遠井、永松のアタックで追い上げ、江畑のアタックで逆転するが、NECは終盤、松浦のサービスポイントから白垣、都築のアタックで逆転、さらにリードを広げ、セットを連取する。第3セット、序盤から日立はパオリーニのアタックと連続ブロックで大量リードする。NECも内田、都築のアタック、島村の連続ブロックポイントで追い上げるが、終盤、日立は遠井の連続アタックで突き放し、パオリーニのアタックでセットを取る。第4セット、日立は、パオリーニのアタックでリード、中盤、江畑のアタック、南のブロックでリードを広げる。NECも近江、都築、のアタックで追従するも、終盤、日立はパオリーニの連続アタックポイント、最後は南のブロックでセットを取り返す。第5セット、終盤まで1点を争う好ラリーが続く。日立はパオリーニ、江畑に対しNECは近江、大野、都築との打ち合い。最後は、日立は南のブロックポイントで抜けだすと佐々木のアタックで東京ラウンド2連勝を飾る。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 塚本 健二