V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
552
[開催日]
2014/02/01
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
3,200
[開始時間]
16:15
[終了時間]
18:17
[試合時間]
2:02
[主審]
山本 晋吾
[副審]
石井 洋壮

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 8勝5敗
1 18 第1セット
【27】
25 3
25 第2セット
【31】
27
25 第3セット
【27】
20
20 第4セット
【28】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 安保 澄
通算: 8勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 勝機がある時にベテランの、相手に応じた技が足りなかったことが悔やまれる。そこを各自が自覚して頑張れば、チャンスは開けたように思う。久光のホームゲームの盛り上がりに負けないような気持ちが欲しかった。
 明日は気持ちを切り替え、2LEG最後を締めくくりたい。
 本日はご声援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

18 川畑(愛)
(福田)
山口
()
新鍋
()
古藤
()
25

(卜部)
川島
()
岩坂
()
平井
()
宮下
()
佐々木(萌)
()
長岡
()
石井
()
丸山 リベロ 筒井(さ)
25 川島
()
福田
(卜部)
新鍋
()
古藤
(シべレ)
27
宮下
()
山口
(川畑(夏))
岩坂
(村田)
平井
()
佐々木(萌)
(栗原)

()
長岡
()
石井
(石田)
丸山 リベロ 筒井(さ)
25 佐々木(萌)
()
佐々木(侑)
(川畑(夏))
新鍋
()
古藤
()
20

()
川島
()
岩坂
()
平井
()
宮下
(川畑(愛))
福田
(卜部)
長岡
()
石田
()
丸山 リベロ 筒井(さ)
20
()
福田
()
新鍋
()
古藤
(シべレ)
25
宮下
(山口)
佐々木(侑)
(川畑(夏))
岩坂
(村田)
平井
()
佐々木(萌)
(川畑(愛))
川島
()
長岡
()
石田
()
丸山 リベロ 筒井(さ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 ホームゲームということで多くのご声援、本当にありがとうございました。
 岡山シーガルズの粘り強いディフェンスに苦戦したが、こちらもしつこくボールに食らいついて戦えました。また、安定したサーブレシーブから中盤以降は攻撃のバリエーションを増やして戦えたことも勝利に繋がったと感じている。
 本日同様、明日も温かい応援、よろしくお願いします。

要約レポート

 
 現在、2位の岡山シーガルズと3位久光製薬スプリングスの直接対決。
 両チームともに攻守にわたって素晴らしいプレーの連続であり、序盤から一進一退の攻防が続く好ゲームであった。佐々木(萌)の連続ポイントで岡山がリードするも、平井のサービスエースで逆転した久光製薬が、長岡・平井の攻撃で得点を重ねて第1セットを先取した。
 続く第2セットも序盤から一進一退の攻防が終盤まで続き、連続ミスでリードを許した久光製薬であったが、最後に追いつき、逆転で連取した。
 後の無くなった岡山は、第3セットから投入した佐々木(侑)の早い攻撃で得点を重ね、セットを奪い返した。
 第4セットでサーブレシーブの乱れからリードを許した久光製薬は、長岡の効果的な攻撃で岡山のミスを誘い、福岡で今シーズン初のホームゲーム勝利を上げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒木 政光