V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
550
[開催日]
2014/02/01
[会場]
東京体育館
[観客数]
2,850
[開始時間]
16:15
[終了時間]
18:12
[試合時間]
1:57
[主審]
山本 和良
[副審]
北村 友香

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算: 5勝8敗
3 25 第1セット
【23】
13 1
23 第2セット
【30】
25
25 第3セット
【28】
23
25 第4セット
【27】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 尾﨑 侯
コーチ: 北原 勉
通算: 6勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ブロックが要所で決まり、粘り強いレシーブからNECのリズムが生まれました。明日の試合もチーム全員が個々の役割を果たし、チーム一丸で戦います。
 たくさんのご声援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

25 島村
()
内田
(ハナ)
石川
()
石井
()
13
松浦
(上野)
白垣
()
早坂
()
橋本
()
近江
()
大野
()
高橋
()
奥村
()
鳥越 リベロ 横江 臼井
23 島村
()
内田
(都築)
早坂
()
石川
(上屋敷)
25
松浦
()
白垣
()
高橋
()
石井
()
近江
(ハナ)
大野
()
奥村
()
橋本
()
鳥越 リベロ 臼井 横江
25 島村
()
都築
()
早坂
()
石川
(山口)
23
松浦
()
白垣
(金子)
高橋
()
石井
()
内田
(ハナ)
大野
()
奥村
(上屋敷)
橋本
()
鳥越 リベロ 横江 臼井
25 島村
()
都築
()
早坂
()
石川
(山口)
21
松浦
()
白垣
(ハナ)
高橋
()
石井
()
内田
(近江)
大野
()
奥村
()
橋本
()
鳥越 リベロ 臼井 横江

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は各セットの前半で相手にリードを与えてしまい、常に追う展開となった。しかし、中盤以降はブロックとレシーブの連携が良くなり、交代メンバーもサーブやレシーブでチームに良い流れを作ってくれたが、終盤の大事な局面での1点を奪うことができなかった。
 現在、勝ち星から遠ざかり、厳しい状況ではあるが一本一本のプレーに拘りをもって、相手に立ち向かっていきたい。
 本日も熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 両チーム共に勝って、レギュラーラウンド上位浮上を狙いたい、JTマーヴェラスとNECレッドロケッツの試合。
 1セット目、NECのセッター松浦の巧みなトスワークで白垣、内田、島村、近江で点を重ね終始リードした。さらに要所で近江、白垣のブロックが決まり、そのまま1セット目を先取した。
 2セット目、NECは好調な内田、島村が点を重ねると、JTも負けじと奥村、高橋、石川が点を重ねる一進一退が終盤まで続き、2セット目を手に入れたのはJTであった。
 振り出しに戻った3セット目、序盤より互いに激しい攻撃が続く中、流れを自チームに呼び込もうとメンバーチェンジを頻繁に行う両監督。その中、終盤に投入されたNECのハナの活躍で3セット目をNECが手中に収めた。
 波に乗るNECは4セット目、島村、白垣のスパイクで点を重ね追い上げるJTを振り切り勝利を手に入れた。
 互いに激しく打ち合う見応えのある試合であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 古田 法美