V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
544
[開催日]
2014/01/25
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
1,640
[開始時間]
16:27
[終了時間]
18:20
[試合時間]
1:53
[主審]
田野 敏彦
[副審]
種元 桂子

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算: 6勝5敗
3 25 第1セット
【23】
20 1
25 第2セット
【27】
23
21 第3セット
【27】
25
25 第4セット
【27】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のホームゲームは、大声援の後押しを受けて何とか勝つことができました。

 1、2セット目はレシーブから攻撃にしっかりと繋げることができ、持ち味の粘り強いバレーを展開できたが、3セット目は完全に相手のリズムでのバレーを強いられた。

 まずは明日に備え、しっかり準備していきたいと思います。

 本日もたくさんのご声援をありがとうございました。

25 矢野
()
カナニ
(梶原)
遠井
(内瀬戸)

()
20
山田(真)
()
藤田
()
高橋
()
江畑
(佐々木)
竹田
()
平松
(山田(侑))
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
高橋 リベロ 佐藤(あ)
25 カナニ
(梶原)
藤田
()
内瀬戸
()

()
23
矢野
()
平松
(山田(侑))
高橋
()
江畑
()
山田(真)
()
竹田
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
高橋 リベロ 佐藤(あ)
21 矢野
()
カナニ
(梶原)
内瀬戸
(遠井)

()
25
山田(真)
()
藤田
(河村)
高橋
()
江畑
(佐々木)
竹田
()
平松
(山田(侑))
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
高橋 リベロ 佐藤(あ)
25 カナニ
(藤原)
藤田
()
遠井
(内瀬戸)

()
21
矢野
()
平松
()
高橋
()
佐々木
()
山田(真)
(梶原)
竹田
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
(永松)
高橋 リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は最後までリズムをつかむことができなかった。何度もサーブで相手の状態を崩すことができたが、トヨタ車体のスピードある攻撃に対応仕切れなかった。

 3セット目では、ブロックやレシーブなど良い部分もあったので、そこを明日の試合に繋げていきたい。

 今日も寒い中、会場へ足を運んでいただきありがとうございました。明日も熱いご声援、よろしくお願いします。

要約レポート

 チーム一丸となって戦ったトヨタ車体クインシーズが,ホームゲームで勝利を収め,連勝を4に伸ばした。
 試合の前半は竹田が攻守にわたる活躍を見せ,タイムアウトでも周りへ熱く声をかけ続けるなど,キャプテンらしくチームを牽引した。竹田はレフトからの強打で得点を重ね,3セット目の中盤には一時アタック決定率が50%に達した。
 試合の終盤は,平松のブロードと藤原のレフトからの攻撃を巧みに操ったセッター藤田の活躍が光った。4セット目だけで,藤原は8本,平松は6本のアタックを決めた。平松はブロックとサーブでも1点ずつ取り,2人仲よくこのセットの最多得点を挙げた。
 ウイングスパイカー高橋と佐々木の活躍で第3セットを奪った日立リヴァーレだったが,得点源となるべきパオリーニが終始相手ブロッカーにマークされ,ワンタッチを取られて切り返されたラリーが多かった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇