V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
539
[開催日]
2014/01/19
[会場]
神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)
[観客数]
3,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:26
[試合時間]
1:26
[主審]
グレッグ・ルーオー
[副審]
高橋 宏明

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 7勝3敗
3 25 第1セット
【27】
20 0
25 第2セット
【28】
23
25 第3セット
【25】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パイオニアレッドウィングス

監督: 戸澤 勉
コーチ: 舟越 悠二
通算: 2勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は前半からサーブで攻めることができ、リズムを作ることができた。
 相手の高いブロックに苦しむ場面もあったが、全員で攻めて勝ちきる事ができた。
 本日も寒い中、たくさんの応援ありがとうございました。

25 ペーニャ
()
迫田
(田代)
浅津
()
三橋
(林)
20
宮田
(下平)
二見
()
持丸
(服部(梨))
冨永
()
中道
(堀川)
高田
()
アレクサンドラ
(今野)
香野
()
小平 リベロ 吉田
25 ペーニャ
()
迫田
()
浅津
()
三橋
(アレクサンドラ)
23
宮田
()
二見
(下平)
持丸
(服部(梨))
冨永
()
中道
(田代)
高田
()
今野
(林)
香野
()
小平 リベロ 吉田
25 ペーニャ
()
迫田
()
浅津
()
三橋
(アレクサンドラ)
18
宮田
(伊藤)
二見
()
持丸
(服部(梨))
冨永
()
中道
(田代)
高田
()
今野
(林)
香野
()
小平 木村 リベロ 吉田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合ではどのセットも出だしが良くなく、東レさんにリードを許してしまいました。セットの中盤は途中出場した選手が活躍してくれて追いつく場面がありました。
 新しい戦術を試しての課題が多く見つかったので、来週に向けて頑張っていこうと思います。
  今日はたくさんの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット序盤、東レアローズはペーニャの高さのあるスパイク、二見のブロックなどで16-6と大きくリードした。パイオニアレッドウィングスはキャプテン浅津のライトスパイク、三橋のレフト攻撃などで3点差まで詰め寄る粘りを見せたが、最後は東レのペーニャが力強いスパイクを決め、このセットを先取した。
 第2セット、1-6とリードを許したパイオニアであったが、セッター冨永のブロックやサービスエースで勢いをつけ、今野のスパイクなどで18-19と1点差に詰め寄る粘りを見せ、会場を大いに沸かせたが、最後は東レに押し切られた。
 第3セットは序盤から、1点を争う展開でスタートした。パイオニアは香野の速攻、三橋の頑張りで粘ったが、東レは迫田のバックアタックやライトからの攻撃、ペーニャの攻守にわたる活躍で徐々に点差を広げ、終盤ペーニャのサービスエースが決まるなど、このセットも東レが取り、3−0で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 赤井 倫大