V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
531
[開催日]
2014/01/12
[会場]
ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)
[観客数]
2,300
[開始時間]
13:05
[終了時間]
15:19
[試合時間]
2:14
[主審]
小野 将人
[副審]
三見 洋子

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 安保 澄
通算: 5勝3敗
3 25 第1セット
【23】
14 2
22 第2セット
【29】
25
21 第3セット
【29】
25
25 第4セット
【25】
15
15 第5セット
【16】
11

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 2勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

本日は寒い中、暖かいご声援ありがとうございました。
NECさんの粘り強いディフェンスに最後まで苦しめられたが、要所でしっかり得点を重ねることができたことが勝利につながった。
ただ、勝利こそしたが相手の変化に対応するのが遅くなってしまい、リズムを崩すことがあるので、全員が試合の準備をしっかりして臨んでいきたいと思う。
 まだまだ長いリーグは続くが、これからもよろしくお願いします。

25 石田
()
長岡
(狩野)
近江
()
松浦
(秋山)
14
平井
()
岩坂
()
大野
()
島村
()
古藤
(石井)
新鍋
()
ハナ
(白垣)
内田
(都築)
筒井(さ) リベロ 岩崎 鳥越
22 石田
(石井)
長岡
()
大野
()
近江
()
25
平井
()
岩坂
()
内田
(白垣)
秋山
(松浦)
古藤
()
新鍋
()
都築
(ハナ)
島村
(金子)
筒井(さ) リベロ 鳥越 岩崎
21 石田
()
長岡
(狩野)
近江
()
松浦
(ハナ)
25
平井
()
岩坂
(石橋)
大野
()
島村
(金子)
古藤
(石井)
新鍋
()
内田
(白垣)
都築
()
筒井(さ) リベロ 岩崎 鳥越
25 石田
()
長岡
(狩野)
大野
()
近江
()
15
平井
()
岩坂
()
内田
(白垣)
松浦
()
古藤
(石井)
新鍋
()
都築
()
島村
()
筒井(さ) リベロ 鳥越 岩崎
15 石田
()
長岡
()
大野
()
近江
()
11
平井
()
岩坂
(石橋)
内田
(ハナ)
松浦
(白垣)
古藤
()
新鍋
()
都築
()
島村
()
筒井(さ) リベロ 鳥越 岩崎

監督コメント

  2レグに入りました。
チャンスがあっただけに悔しい試合でしたが、まだまだ試合は続きますので、良い試合ができるよう準備していきます。
 引き続きご声援よろしくお願いします。

要約レポート

 昨日、勝ち越しで第1レグを終えた久光製薬スプリングスと、フルセットの末、白星を奪ったNECレッドロケッツとの対戦。
 久光製薬は今日も長岡のスパイクを軸に岩坂、古藤、新鍋といった豊富な攻撃陣で第1セットを大差で先取。このまま久光製薬ペースかと思われたが、第2セット、NECはこのセットから入った都築や近江の活躍でリードする。キャプテン内田や、途中からセッターで入った松浦の丁寧なプレイで第2第3セットを連取する。後のない久光製薬は第4セットを取り返し、第5セットへ。
 最終セットは、NECの島村、久光製薬の岩坂・長岡のブロックが冴えた。NECが先に8点を取りコートチェンジするも、その後レシーブの乱れなどから連続6得点を許してしまう。最後は長岡のフェイントに対応できず、久光製薬がフルセットを制した。
久光製薬は連勝で今季5勝目を挙げた。            

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 村田 光直