V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
344
[開催日]
2014/02/01
[会場]
パナソニックアリーナ
[観客数]
2,500
[開始時間]
16:35
[終了時間]
18:34
[試合時間]
1:59
[主審]
中山 健
[副審]
小野 将人

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 8勝3敗
3 23 第1セット
【24】
25 2
15 第2セット
【23】
25
25 第3セット
【22】
17
25 第4セット
【24】
19
15 第5セット
【14】
8

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 1勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、2セットは、相手のサーブに苦しめられ完全にリズムを失ってしまったが、第3セット中盤からは選手達が集中してくれ、本来のリズムで試合をすることができた。波がある部分を早く修正しなければいけない。

 本日のホームゲーム、たくさんのご声援誠にありがとうございます。
明日も「一戦必勝」、チーム一丸で全力を尽くす。

23 深津
()
白澤
(谷村)
松原
()
サンチェス
()
25
福澤
(川村)
ダンチ
()
金丸
(阿部)
松崎
(清野)
枩田
(山添)
清水
()
島野
()
高橋(和)
()
永野 リベロ 興梠
15 白澤
()
ダンチ
(渡辺)
金丸
()
松原
()
25
深津
(大竹)
清水
(伊東)
島野
()
サンチェス
()
福澤
(川村)
枩田
()
高橋(和)
()
松崎
(阿部)
永野 リベロ 興梠
25 枩田
()
川村
(福澤)
松原
(浅野)
サンチェス
()
17
清水
()
深津
()
金丸
()
松崎
()
ダンチ
()
白澤
()
島野
(久保山)
高橋(和)
()
永野 リベロ 興梠
25 福澤
(川村)
深津
()
金丸
(袴谷)
松原
()
19
枩田
(谷村)
白澤
(渡辺)
島野
(久保山)
サンチェス
(清野)
清水
()
ダンチ
()
高橋(和)
()
松崎
()
永野 リベロ 興梠
15 福澤
()
深津
(伊東)
高橋(和)
()
久保山
()
8
枩田
(川村)
白澤
()
金丸
()
松崎
()
清水
()
ダンチ
()
サンチェス
(清野)
松原
(浅野)
永野 リベロ 興梠

監督コメント

 1、2セット目は選手達がやるべき事を実行した結果取る事が出来た。
 3セット目の中盤以降が勝負の分かれ目であった。自分達のミスからリズムを崩しての連続失点が悔やまれる。
 明日に向けて良い準備をして勝てるよう全力を尽くす。

 本日もたくさんのご声援、ありがとうございました。
 明日も引き続きご声援の程、宜しくお願い致します。

要約レポート

 ホームゲームの声援を背に勝ち星を重ねたいパナソニックパンサーズと、一つでも勝ち星の欲しいジェイテクトSTINGSの試合は、フルセットにもつれこむ大熱戦となった。
 パナソニックのダンチ、清水と、ジェイテクトのサンチェス、高橋(和)、松原が打ち合いシーソーゲームを展開したが、ジェイテクト リベロ興梠のナイスレシーブから点を重ね1、2セットを連取した。
 後の無くなったパナソニックは、全員バレーでボールを繋ぎ、ダンチ、清水にボールを集め点を重ね、3,4セットを奪取した。
 最終セット、本来のリズムを取りもどしたパナソニックは、深津、清水のブロックが効果的に決まり、流れを引き寄せ、最後は清水のスパイクで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 作田 和美