V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
342
[開催日]
2014/02/01
[会場]
小瀬スポーツ公園体育館
[観客数]
1,639
[開始時間]
16:00
[終了時間]
17:43
[試合時間]
1:43
[主審]
村上 成司
[副審]
浅井 唯由

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 池原 賢
通算: 1勝10敗
1 25 第1セット
【26】
23 3
18 第2セット
【24】
25
17 第3セット
【23】
25
14 第4セット
【21】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 8勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 各セットとも相手の強いサーブに崩されリードを許す展開となってしまった。第1セットは追いついたものの、2、3、4セットはブレイクが追いつかずセットを奪われた。
 トランジション、サイドアウトの局面でもう少し攻撃に厚みがでるよう、明日は戦いたい。
 本日も応援ありがとうございました。明日も引き続き、ご声援をお願いします。

25 山本(雄)
()
盛重
()
松本
()
千々木
()
23
高橋
()
前田
()
ペピチ
()
今村
(木場田)
グラディナロフ
()
衛藤
()
石島
()
内藤
()
リベロ 井上
18 盛重
(山本(将))
前田
(西尾)
石島
()
ペピチ
()
25
山本(雄)
()
衛藤
()
内藤
()
松本
()
高橋
()
グラディナロフ
(橋場)
今村
(出耒田)
千々木
()
リベロ 井上
17 高橋
(橋本)
山本(雄)
()
ペピチ
()
松本
(佐川)
25
グラディナロフ
(橋場)
盛重
(山本(将))
石島
(北島)
千々木
()
衛藤
()
前田
()
内藤
()
今村
(出耒田)
リベロ 井上
14 山本(将)
()
前田
(西尾)
ペピチ
(松岡)
松本
()
25
山本(雄)
()
衛藤
()
石島
(北島)
千々木
()
高橋
(加賀)
グラディナロフ
()
内藤
()
今村
()
リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット序盤は良かったものの、ひとつのミスから崩れていき、セットを落とすことになった。第2セット以降はサーブを含むディフェンスが機能し、先手で試合を運ぶ事ができた。その中でも今日はレフトスパイクの決定率が高かったのは、収穫である。
 ただ、課題もたくさんあるので、明日は修正できるよう臨みたい。

要約レポート

 第1セットこそ、FC東京の粘りの前に接戦を落とした堺ブレイザーズだったが、第2セット以降は本来の攻撃力を発揮し、終始リードを保ったまま3セットを連取、セットカウント3−1で勝利した。
 FC東京はグラディナロフ、盛重を攻撃の中心とし、また、第2セット以降はメンバーチェンジから流れを変えようとしたものの、堺の石島、ペピチ、千々木らの強力なサーブ、スパイクを抑えることができず、連敗を抜け出すことができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 渡邊匡伸