V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
339
[開催日]
2014/01/26
[会場]
日田市総合体育館
[観客数]
1,552
[開始時間]
13:07
[終了時間]
15:04
[試合時間]
1:57
[主審]
山本 晋五
[副審]
高橋 弘二

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 1勝9敗
1 22 第1セット
【27】
25 3
22 第2セット
【26】
25
26 第3セット
【30】
24
17 第4セット
【25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算: 8勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 点数を取るべきところで取れていないのが敗戦の原因。16点以降の勝負所でいかに自分達で点数が取れるかが勝敗を分けている。来週に向けて良い準備をしていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。引き続きご声援の程、宜しくお願い致します。

22 浅野
()
高橋(慎)
(若山)
内山
()
山近
()
25
袴谷
()
金丸
(松原)
高松
(古賀(太))
白岩
()
サンチェス
()
高橋(和)
()

()
レオナルド
()
興梠 リベロ 古賀(幸)
22 金丸
()
高橋(和)
()
高松
(古賀(太))
内山
()
25
高橋(慎)
()
サンチェス
()

()
山近
()
浅野
(松原)
袴谷
()
レオナルド
()
白岩
(井上)
興梠 リベロ 古賀(幸)
26 高橋(慎)
()
金丸
()
内山
()
山近
()
24
高橋(和)
()
松原
()
高松
(古賀(太))
白岩
(井上)
袴谷
()
サンチェス
(清野)

()
レオナルド
()
興梠 リベロ 古賀(幸)
17 高橋(慎)
()
金丸
()

()
高松
(古賀(太))
25
高橋(和)
()
松原
(浅野)
レオナルド
()
内山
(岡本)
袴谷
()
サンチェス
(清野)
白岩
(井上)
山近
(加藤)
興梠 リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 とても難しい試合でした。第1、2セットは良い試合運びをしましたが、第3セットは自らプレゼントを与えてしまい、ストレートで勝つチャンスを逃しました。しかし、第4セット目には気持ちを切り替えて闘うことができました。
 今日もたくさんの応援の方々が来て頂きました。苦しい場面でもチームを後押しして頂いています。これからも選手の後押しを宜しくお願いします。ありがとうございました。

要約レポート

 首位の豊田合成トレフェルサに1LEGにフルセットで負けているジェイテクトSTINGSと、4強入りに勝星を増やしたい豊田合成の戦い。1セット目、豊田合成は高松、レオナルドのスパイク、近のサービスエースで13-9と点差を広げる。ジェイテクトは、金丸のブロックポイントで14-15と縮めるが、豊田合成は高松のサービスエースや白岩のスパイクで25-22とセットを取る。
 2セット目は中盤まで一進一退の攻防となったが、豊田合成はレオナルドや高松のスパイクでつきはなし、最後はジェイテクトのスパイクミスで25-22と連取する。
 3セット目序盤、豊田合成は、高松やレオナルドのスパイクで少しずつ点差を広げる。中盤、ジェイテクトは松原、サンチェスのスパイクで追いすがり、高橋のブロックで22-21とリードをすると、最後はサンチェスのスパイクで26-24とこのセットを取り返す。
 両者一歩も譲れない4セット目、豊田合成はレオナルドや白岩のブロックポイントで11-8とリードすると、そのままリードを保ち、セットカウント3-1で豊田合成が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 永田 裕二