V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
335
[開催日]
2014/01/25
[会場]
別府市総合体育館(べっぷアリーナ)
[観客数]
1,553
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:58
[試合時間]
1:58
[主審]
高橋 弘二
[副審]
山本 晋五

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 1勝8敗
1 22 第1セット
【26】
25 3
26 第2セット
【31】
24
19 第3セット
【25】
25
22 第4セット
【27】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 3勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

セット中盤以降の点数の取り方に課題が見えた試合であった。気持ちを切り替え明日の試合だけに集中していく。
遠方にもかかわらず会場まで応援に来て頂きありがとうございました。明日もご声援の程宜しくお願いします。

22 金丸
(松原)
高橋(和)
()
塩田
()
米山
()
25
高橋(慎)
()
サンチェス
()
スタンリー
()
阿部
()
浅野
()
袴谷
()
金子
()
山村
(松崎)
興梠 リベロ 佐別當
26 金丸
(松原)
高橋(和)
()
米山
()
阿部
()
24
高橋(慎)
()
サンチェス
()
塩田
()
山村
(松崎)
浅野
()
袴谷
()
スタンリー
(椿山)
金子
()
興梠 リベロ 佐別當
19 金丸
(松原)
高橋(和)
()
塩田
()
米山
()
25
高橋(慎)
()
サンチェス
()
スタンリー
()
阿部
()
浅野
()
袴谷
()
金子
()
山村
(松崎)
興梠 リベロ 佐別當
22 金丸
()
松原
()
米山
(松崎)
阿部
()
25
高橋(慎)
(若山)
サンチェス
()
塩田
()
山村
()
高橋(和)
()
袴谷
()
スタンリー
()
金子
()
興梠 リベロ 佐別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

選手が同時期にたて続けに故障するというきびしい時期を乗りこえながら二勝したが、険しい道はまだ終わらない。4強入りを目指しフィジカルコンディション強化はもちろん、コートの中のプレーで成長する。そんなチームを作りながら戦っていきたい。
本日はたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 勝ち星を増やしたい両チームの戦いは、中盤までは一進一退を繰り返す展開となったが、サントリーサンバーズのスタンリー、塩田のスパイクで徐々に点差を広げる。食い下がるジェイテクトSTINGSもサンチェス、金丸のスパイク、浅野もブロックで22-24まで追いつくも、最後はサントリー米山のスパイクで1セット目を取る。
 ジェイテクトは2セット目サンチェス、高橋のスパイクでリードする。中盤、サントリーは米山、金子、スタンリーのスパイクで逆転、山村のブロックで点差を広げるもジェイテクト浅野のスパイク、サンチェスのブロックで再逆転し26-24でジェイテクトがこのセットを取る。
 3セット目序盤、ジェイテクトは浅野、サンチェスのスパイクでリードするが、サントリー金子、米山のスパイク、塩田のブロックで逆転、ジェイテクトのミスも重なり点差を広げられ、最後はサントリー阿部のブロックでこのセットを取る。
 4セット目、サントリーは山村、塩田のブロック、スタンリーのスパイクで点差を広げる。中盤、好調の米山の負傷により流れがジェイテクトに傾くがサントリー金子、スタンリーのスパイクなどでセットカウント3-1でサントリーが取り3勝目を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 永田 裕二