V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
333
[開催日]
2014/01/25
[会場]
墨田区総合体育館
[観客数]
1,940
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:27
[試合時間]
1:27
[主審]
田野 昭彦
[副審]
浅井 唯由

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算: 7勝2敗
3 25 第1セット
【25】
21 0
26 第2セット
【30】
24
25 第3セット
【26】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 1勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 難しい試合でした。両チームともに良いバレーが出来たと思います。選手にとって勝利することが出来た事には「ありがとう」と言いたいです。特にブレイクポイントで多くのポイントを挙げる事が出来た事が大きな勝因になったと思います。チームは勝利に値するプレーが出来ていたと思います。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

25 井上
()
町野
(小澤)
グラディナロフ
()
山岡
(盛重)
21
八子
()
越川
()
衛藤
(山本(将))
山本(雄)
()
筧本
()
イゴール
()
前田
()
橋場
()
酒井 リベロ
26 八子
(國近)
井上
()
グラディナロフ
(福田)
山岡
()
24
筧本
()
町野
()
衛藤
()
山本(雄)
(阿部)
イゴール
()
越川
()
前田
()
橋場
(山本(将))
酒井 リベロ
25 井上
()
町野
()
衛藤
()
グラディナロフ
(福田)
21
八子
(小澤)
越川
()
前田
(阿部)
山岡
(盛重)
筧本
()
イゴール
()
山本(将)
()
山本(雄)
(加賀)
酒井 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 同点の場面、競い合いの状況での得点能力が勝負を分けたと思う。明日は勇気を持ってブレイクチャンスで点を取りに行きたい。ホームゲームで敗戦してしまったが、明日は必ず勝利したい。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 勝ち星を増やし上位争いに食い込みたいJTサンダーズと、ホームゲームで勝利し、今後に勢いをつけたいFC東京の一戦。
 両応援団の声援の中、1セット目は後半までもつれ点の取り合いが続いた。FC東京はグラディナロフ、前田を中心に攻めるバレーで会場を沸かせた。一方JTもリベロ酒井が拾いイゴールにつなげると、緩急つけた攻撃でFC東京を崩し1セットを先取した。
 2セット目に入るとJTはスパイクの層を広げ、セッター井上が八子、越川らスパイカーを巧みに起用し、FC東京を翻弄させる。なかなか自分たちのリズムをつかめない中、FC東京山本が小技を利かせたスパイクを見せ、前田のブロックから連続スパイクで流れを変え、同点に追いつくと競り合いが始まりデュースへと持ち込まれたが、JTは着実なプレーを重ね、最後は町野のブロックが決まり2セット目も連取した。
 グラディナロフのサービスでFC東京の2点リードからスタートした3セット目。終始リードのまま中盤へ突入するが、JTはイゴールへボールを集め逆転する。FC東京も前田のパワーのあるスパイクで会場を盛り上げるが、ミスも手伝い、JTが終始後半のリードを奪い、ストレートでFC東京に打ち勝った。 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 遠藤 春枝