V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
329
[開催日]
2014/01/19
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
1,200
[開始時間]
13:05
[終了時間]
14:47
[試合時間]
1:42
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
塚本 健 

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算: 6勝2敗
3 25 第1セット
【20】
11 1
25 第2セット
【25】
22
13 第3セット
【21】
25
25 第4セット
【27】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 1勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 心理的にとても難しい試合だった。
昨日、タフな試合をしたので、今日は体調面でリカバリーできるように集中して挑んだ。
 我々はチャレンジャーなので、どの試合でも万全の態勢で戦う。

 寒い中、応援に来ていただき、ありがとうございました。
 これからもベストを尽くします。応援よろしくお願いします。

25 内山
()
山近
()
前田
(山岡)
衛藤
()
11
高松
()
白岩
()
手塚
()
グラディナロフ
(橋場)

()
レオナルド
()
山本(雄)
(山本(将))
高橋
(阿部)
古賀(幸) リベロ
25 内山
()
山近
()
前田
()
衛藤
()
22
高松
()
白岩
()
手塚
()
グラディナロフ
(橋場)

()
レオナルド
()
山本(雄)
()
高橋
(山岡)
古賀(幸) リベロ
13 内山
()
山近
()
手塚
()
前田
()
25
高松
(岡本)
白岩
()
山本(雄)
()
衛藤
()

()
レオナルド
(井上)
山岡
()
グラディナロフ
()
古賀(幸) リベロ
25 山近
()
白岩
()
前田
()
衛藤
()
20
内山
(井上)
レオナルド
()
手塚
(橋場)
グラディナロフ
()
高松
(古賀(太))

()
山本(雄)
(山本(将))
山岡
(盛重)
古賀(幸) リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 4セット目、連続失点が出たのが残念である。課題を少しでもクリアして来週のゲームに備えたい。

 来週はホームゲームなので、良い準備をして、勝利したいと思う。

 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 第2レグに入り、今までの流れを断ち切り勢いをつけたいFC東京と、昨日勝利し勢いに乗る豊田合成トレフェルサの一戦は、豊田合成が勝利した。
 豊田合成は、セッター内山の丁寧なトスワークを中心に、高松の気迫溢れるスパイク、白岩の相手のブロックをうまく利用したスパイク、近、山近のブロック、要所で格の違いを見せつけたレオナルドのバックアタックで隙のないバレーを見せつけると第1、第2セットと連取する。
 第3セット、後がなくなったFC東京はグラディナロフのサーブから相手のサーブレシーブを崩し衛藤、前田がブロックで、さらにグラディナロフがサービスエースで4得点を決めると怒涛の連続11ポイントを上げ、粘る豊田合成を振り切りこのセットを奪い返す。
 一進一退の攻防戦が続く中、豊田合成は白岩、高松が大事な場面で着実に得点を重ね、最後は追い上げるFC東京 前田のスパイクを豊田合成、高松がシャットアウトし、5連勝となり首位に躍り出た。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒田 拓也