V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
325
[開催日]
2014/01/18
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
1,170
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:31
[試合時間]
1:26
[主審]
塚本 健
[副審]
千代延 靖夫

パナソニックパンサーズ

監督: 南部 正司
コーチ: 真保 綱一郎
通算: 4勝3敗
3 29 第1セット
【29】
27 0
25 第2セット
【23】
19
27 第3セット
【28】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 1勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まだ完璧ではないが、競い合いを勝ち抜くことができたことは、チームにとって大きな自信につながったと思う。
 
 明日から2Legに入っていくが、今日の勝利を上手につなげていきたい。
 本日もご声援、誠にありがとうございました。。

29 深津
(伊東)
白澤
(渡辺)
グラディナロフ
()
高橋
(阿部)
27
福澤
()
ダンチ
()
山本(雄)
()
衛藤
()
枩田
(山添)
清水
()
前田
(山岡)
盛重
(山本(将))
永野 リベロ
25 白澤
()
ダンチ
()
山本(雄)
()
グラディナロフ
()
19
深津
(伊東)
清水
(大竹)
前田
(山岡)
高橋
(阿部)
福澤
()
山添
(枩田)
盛重
(山本(将))
衛藤
()
永野 リベロ
27 深津
(伊東)
白澤
(渡辺)
グラディナロフ
()
高橋
(山岡)
25
福澤
()
ダンチ
()
山本(雄)
()
衛藤
(阿部)
枩田
()
清水
(大竹)
前田
()
山本(将)
(盛重)
永野 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 競い合いの場面で確実に点数を撮れるかどうかだと思う。

 ストレートの敗戦は非常に残念だが、明日からは2Legなので気持ちを切り替え、臨みたい。

 本日も応援、ありがとうございました。

要約レポート

 連敗を3で止めたいFC東京と、第1レグを勝ち越しで終えたいパナソニックパンサーズの一戦は、第1セットからデュースにまでもつれこむ接戦となり、混戦が予想されたが、パナソニックがストレートで勝利した。
 パナソニックは清水、福沢の攻撃で得点を重ね第1、第2セットを連取する。対するFC東京は盛重やグラディナロフの攻撃で応戦する形になる。
 第3セット、パナソニックはこの日64%の決定率、福沢のスパイクが決まれば、FC東京、山本(将)のスパイクで得点し、このセットもデュースにもつれこむが、最後はパナソニック清水がアタックを決めゲームセットとなった。
 パナソニックは、若手セッター深津におおいに期待できる。       

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 村田 光直