V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
322
[開催日]
2014/01/12
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,000
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:48
[試合時間]
2:13
[主審]
江下 毅
[副審]
澤 達大

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 1勝5敗
3 26 第1セット
【25】
24 2
25 第2セット
【27】
23
26 第3セット
【27】
28
22 第4セット
【24】
25
16 第5セット
【18】
14

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 1勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ジェイテクトSTINGSの記念すべき1勝をあげ正直に嬉しく思う。
 3セット中盤まではサーブで崩し、ブロックとレシーブの関係も機能していたが、終盤にかけて自分達のミスでリズムを崩す結果となった。1点の重みを再認識させられた。来週に向け、しっかりと良い準備をしていきたい。
 本日も遠方にも関わらずたくさんの応援ありがとうございました。

26 金丸
(松原)
高橋(和)
()
グラディナロフ
()
高橋
(盛重)
24
高橋(慎)
(松崎)
サンチェス
()
衛藤
()
山本(雄)
()
浅野
()
袴谷
()
前田
()
橋場
()
興梠 リベロ
25 金丸
(松原)
高橋(和)
()
グラディナロフ
()
高橋
(山岡)
23
高橋(慎)
(松崎)
サンチェス
()
衛藤
()
山本(雄)
()
浅野
()
袴谷
()
前田
()
橋場
(盛重)
興梠 リベロ
26 金丸
()
高橋(和)
()
グラディナロフ
(手塚)
山岡
()
28
高橋(慎)
(清野)
サンチェス
()
衛藤
()
山本(雄)
(山本(将))
浅野
()
袴谷
()
前田
(阿部)
盛重
(橋場)
興梠 リベロ
22 金丸
()
高橋(和)
()
手塚
()
山岡
(盛重)
25
高橋(慎)
()
サンチェス
(清野)
衛藤
()
山本(雄)
()
浅野
(若山)
袴谷
()
阿部
()
橋場
()
興梠 リベロ
16 金丸
()
高橋(和)
()
手塚
()
山岡
(盛重)
14
高橋(慎)
(島野)
清野
(若山)
衛藤
(山本(将))
山本(雄)
()
浅野
()
袴谷
()
阿部
()
橋場
()
興梠 リベロ

監督コメント

 非常に残念な敗戦だ。昨日に続き、点を取り切れていない。山本(将)のサーブでチームに勇気を与えた。この様なプレーが来週はたくさんあると良い。次週に向けてしっかりと準備したい。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 ここまで1勝4敗で何としても負けられないFC東京と、昨日はフルセットまで持ち込んだもののまだ白星のないジェイテクトSTINGSの一戦。
 第1セット、ジェイテクトは浅野のアタックや高橋(和)のサービスエースでリードを奪う。FC東京は前田やグラディナロフのアタックで少しずつ得点差を詰めていく。ともに譲らず終盤までもつれたものの、最後はサンチェスのアタックが決まり、ジェイテクトが第1セットをものにした。第2セットも連取し勝利まであと1セットとなったジェイテクトは第3セットも攻撃の手を緩めず、高橋(和)や金丸のブロックなどで確実に得点を重ねていく。
 簡単に負けられないFC東京は15−21から手塚のアタックなどで5連続得点して意地を見せ、阿部のライト攻撃で逆転、最後はサンチェスのアタックをブロックして第3セットを取り返し、続く第4セットもものにして、試合は最終セットまでもつれこんだ。  
 第5セット序盤はリードを許したものの、最後まで諦めず勝利への執念を見せたジェイテクト。最後は清野がアタックを決めて、初勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 京角 輝彦