V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
321
[開催日]
2014/01/12
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,300
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:58
[試合時間]
1:58
[主審]
Greg ROUAULT
[副審]
田野 昭彦

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンデッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算: 4勝2敗
3 25 第1セット
【25】
21 1
27 第2セット
【29】
25
22 第3セット
【27】
25
25 第4セット
【28】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 4勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は素晴らしいチームプレーをしました。2セット目、リードされていたが良く盛り返し、チームに勢いをつけました。
 3セット目は、相手のスパイカーへの対応が遅れてしまった。昨日に引き続き、声援がチームを後押ししてくれました。まだまだチームは成長段階です。これからも自分たちのバレーを追求します。応援ありがとうございました。

25 山近
(岡本)
白岩
()
黒木
()
角田
()
21
内山
()
レオナルド
()
ボヨビッチ
()
梅野
(王)
高松
()

()
米山
(鈴木)
富松
()
古賀(幸) リベロ 渡辺
27 山近
(加藤)
白岩
(岡本)
相澤
()
鈴木
(瀬戸口)
25
内山
()
レオナルド
()
ボヨビッチ
()
梅野
(王)
高松
(古賀(太))

()
米山
()
富松
()
古賀(幸) リベロ 渡辺
22 山近
()
白岩
(岡本)
黒木
()
鈴木
(瀬戸口)
25
内山
(井上)
レオナルド
()
大木
()
梅野
(王)
高松
(古賀(太))

()
米山
()
富松
()
古賀(幸) リベロ 渡辺
25 山近
()
岡本
(杉山)
黒木
()
鈴木
(角田)
23
内山
(井上)
レオナルド
()
大木
()
梅野
(王)
高松
()

()
米山
()
富松
()
古賀(幸) リベロ 渡辺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 豊田合成の粘り強さに負けてしまった。来週からのゲームでは、切り替えて臨みたい。
 

要約レポート

 前日の試合に勝利を挙げた両チーム。この試合にも勝利して勢いに乗りたいところ。
 第1セット、東レアローズは米山、ボヨビッチを中心に得点し、1回目のテクニカルタイムアウトを8−5で迎えこのまま勢いに乗るかに見えた。しかし、豊田合成トレフェルサは、レオナルド、高松を中心に徐々に追いつき、14−14から連続4得点し、この差を生かしてこのセット取った。
 第2セット、第1セットと同様、序盤に東レが走り、中盤から豊田合成が徐々に追い着く展開となった。豊田合成は21−24の状況から相手のミスも重なり24−24と追いつく。そして、高松のスパイク、ブロックが決まり、豊田合成がセットを連取した。
 第3セット、東レはボヨビッチを下げ、大木を先発させる。東レは、米山、大木などの活躍により、序盤からの点差を維持してこのセットを奪い返す。
 第4セット、今までの展開と違い、序盤から終盤まで一進一体の展開となった。23−23から、豊田合成のレオナルドのスパイク、最後はブロックが決まり、豊田合成がこのセットを取り、勝利した。豊田合成の2連勝となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新酒 直幸