V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
318
[開催日]
2014/01/11
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,000
[開始時間]
16:55
[終了時間]
18:37
[試合時間]
1:42
[主審]
澤 達大
[副審]
江下 毅

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 4勝1敗
3 25 第1セット
【23】
21 1
21 第2セット
【24】
25
25 第3セット
【22】
17
25 第4セット
【24】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 1勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 米山、渡辺を中心とするサーブレシーブが安定していたことで、サイドアウトが高確率で奪えた。ラリーをものに出来ず、苦しい場面もあったが、粘り強いバレーで流れを引き寄せる事ができたのも大きな勝因であった。
 明日もこの勢いを持って勝利を収めたい。応援よろしくお願いします。

25 富松
()
米山
()
グラディナロフ
(橋場)
高橋
(盛重)
21
梅野
(鈴木)
ボヨビッチ
(王)
衛藤
()
山本(雄)
()
大木
(角田)
黒木
()
前田
()
手塚
()
渡辺 リベロ
21 梅野
(鈴木)
富松
()
グラディナロフ
()
高橋
(盛重)
25
角田
()
米山
()
衛藤
()
山本(雄)
()
黒木
()
ボヨビッチ
(王)
前田
()
手塚
(橋場)
渡辺 リベロ
25 富松
()
米山
()
グラディナロフ
()
高橋
()
17
梅野
()
ボヨビッチ
()
衛藤
()
山本(雄)
()
角田
()
黒木
(相澤)
前田
(阿部)
橋場
()
渡辺 リベロ
25 梅野
(王)
富松
()
グラディナロフ
()
高橋
(山岡)
20
角田
()
米山
(鈴木)
衛藤
()
山本(雄)
()
相澤
()
ボヨビッチ
()
前田
(阿部)
橋場
(盛重)
渡辺 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 得点を取らなければならない場面で取り切れなかった事、チームの課題をまだ克服しきれていない事、この2点が敗因だと思う。
 明日の試合では得点をしっかり取り勝利したい。本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

  ここまで3勝1敗の東レアローズ1勝3敗のFC東京の対戦。第1セット、リードするFC東京を追いかける東レは、16対19から7連続得点を挙げて逆転しこのセットを奪った。勢いに乗りたい東レに対してFC東京はグラディナロフの高さのある強烈なアタックなどで第2セットを取り返した。
  第3セット、ボヨビッチや角田、米山の攻撃で得点する東レに対し、FC東京はグラディナロフにボールを集めて譲らず、互いに1点を取り合う展開となるが、終盤、ボヨビッチのライト攻撃やブロックで4連続得点するなどして抜け出した東レがFC東京を突き放した。  
  第4セット、盛重を投入して何とかセットを取り返したいFC東京に対し、東レはセッター梅野の巧みなトス回しから、角田のレフト攻撃やバックアタック、富松のセンター攻撃などで確実に得点を重ねていく。最後は米山のバックアタックが決まり、東レが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 京角 輝彦