V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
314
[開催日]
2013/12/22
[会場]
三島市民体育館
[観客数]
1,550
[開始時間]
15:10
[終了時間]
17:04
[試合時間]
1:54
[主審]
澤 達大
[副審]
大塚 達也

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 3勝1敗
3 26 第1セット
【28】
28 1
25 第2セット
【27】
21
25 第3セット
【25】
17
25 第4セット
【25】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 2勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 サントリーの勢いに押し込まれる場面もあったが、途中出場の瀬戸口がパスを安定させ、大木がアタックを決め、渡辺がレシーブで粘りを見せてチームを救ってくれた。
 若いメンバーが躍動したゲームだったと思う。
 2013年は有終の美を飾れたので、2014年も良いスタートが切れるように準備を進めたい。
 今年も応援ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。

26 鈴木
(瀬戸口)
ボヨビッチ
()
塩田
()
金子
()
28
富松
()
黒木
()
栗山
(スタンリー)
岡本
(阿部)
梅野
(王)
米山
()
柴小屋
(鶴田)
山村
()
渡辺 リベロ 佐別當
25 富松
()
鈴木
(瀬戸口)
岡本
()
山村
()
21
梅野
(大木)
ボヨビッチ
(近藤)
金子
()
鶴田
(柴小屋)
米山
()
黒木
()
塩田
()
栗山
(スタンリー)
渡辺 リベロ 佐別當
25 米山
()
大木
()
塩田
()
金子
()
17
富松
()
黒木
()
栗山
(スタンリー)
岡本
()
近藤
()
瀬戸口
()
柴小屋
(鶴田)
山村
()
渡辺 リベロ 佐別當
25 大木
()
黒木
()
塩田
()
金子
(柴小屋)
20
米山
()
瀬戸口
()
スタンリー
()
岡本
(阿部)
富松
(鈴木)
近藤
(李)
鶴田
()
山村
()
渡辺 リベロ 佐別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 年末年始の休みを経て来月のリーグ再開時には故障者を一人でも多く復帰させて挑みたい。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 地元静岡で連勝を飾りたい東レアローズと勝敗数では同数のサントリーサンバーズとの一戦。
 第1セット序盤より一進一退の攻防を繰り広げていた。東レは米山、黒木のアタックで点数を重ね、対するサントリーは栗山、金子のアタックで応戦した。25-25サントリー栗山がノータッチエースを決め、そのままセットを取った。
 第2セット序盤は東レボヨビッチのブロックとアタックでリードする。サントリーはセンターから山村、ライトから栗山が効果的に得点を重ねていった。中盤、東レは交代した近藤のトスワークでゲームの流れを一新した。サントリーは塩田のアタックで点差を詰めるも、流れに乗った東レは瀬戸口のサーブレシーブ、アタックでセットを取り返した。
 地元の応援に応えたい東レは第3セット大木のサービスエース、アタックで流れを掴み、時折サントリーに追いつかれる場面があったが、富松、米山のアタックでそのまま逃げ切った。
 第4セットは第3セットの流れそのままに東レがリードする展開となった。サントリーは中盤、セッターを阿部に交代するも点差を縮めることができず、東レは大木のアタックで最終ポイントを決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 辻 知幸