V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
307
[開催日]
2013/12/08
[会場]
廿日市市スポーツセンター(サンチェリー)
[観客数]
1,600
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:08
[試合時間]
2:08
[主審]
冨田 博一
[副審]
塚本 健

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算: 0勝2敗
2 17 第1セット
【25】
25 3
19 第2セット
【24】
25
25 第3セット
【24】
17
25 第4セット
【27】
21
12 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 2勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1,2セットともにサントリーの強いサーブに崩され,ジェイテクトのコンビバレーが機能しなかった。
 第3セット目からは,本来の持ち味であるサーブで崩し,ブレイクに繋げられる展開に持ち込めたが,最終セットでは勝負所での決定力の差で敗戦となった。
 タフな精神力がなければ勝利することができないことを痛感した試合でもあったが,得られたものも大きい。
 三島大会では良い準備をして全力で戦っていきますので,引き続きご声援のほど,よろしくお願いいたします。

17 松原
()
サンチェス
(清野)
スタンリー
()
塩田
()
25
金丸
()
袴谷
()
松崎
()
米山
()
高橋(慎)
()
高橋(和)
()
山村
()
岡本
(阿部)
興梠 リベロ 佐別當
19 金丸
()
高橋(和)
()
塩田
(鈴木)
米山
()
25
高橋(慎)
()
清野
()
スタンリー
(栗山)
岡本
(阿部)
浅野
()
松崎
(辰巳)
松崎
()
山村
()
興梠 リベロ 佐別當
25 金丸
()
松原
()
山村
()
松崎
(金子)
17
高橋(慎)
()
清野
()
岡本
(阿部)
栗山
()
高橋(和)
()
袴谷
()
米山
()
鈴木
()
興梠 リベロ 佐別當
25 金丸
()
松原
()
スタンリー
()
塩田
()
21
高橋(慎)
()
清野
()
金子
()
米山
(松崎)
高橋(和)
()
袴谷
()
山村
()
岡本
()
興梠 リベロ 佐別當 高橋
12 金丸
()
松原
()
スタンリー
()
塩田
()
15
高橋(慎)
()
清野
()
米山
()
金子
()
高橋(和)
()
袴谷
()
山村
()
岡本
(阿部)
興梠 リベロ 高橋

監督コメント

 ジェイテクトはとても良いゲームをした。
 このことをたたえたい。
 今は天皇杯に集中している。

要約レポート

 開幕戦を連勝し勢いに乗りたいサントリーサンバーズと昇格初勝利を飾りたいジェイテクトSTINGSの一戦。
 第1セット,ジェイテクトは松原のアタックとブロックで連続得点をあげ試合をリードしたが,中盤にサントリーが塩田の連続ブロックで流れを一気につかみ,そのまま先取した。
 第2セット,第1セットの勢いのままサントリーがスタンリーのサービスエースなどで一気にリードを広げた。ジェイテクトは1セット目の途中から出場した清野を中心に奮闘したが追いつくことが出来ず,サントリーが連取した。
 第3セット,ジェイテクトが清野のアタックでリードした。サントリーはセッターを阿部,ウイングスパイカーを金子に替えて流れを変えようとしたが,清野のアタックが冴え渡ったジェイテクトがセットを奪い返した。
 第4セット,サントリーはスタンリーを中心に,ジェイテクトは清野を中心に終盤まで両者譲らぬ攻防が続いた。終盤にジェイテクトが高橋(和)のアタックとブロック,清野のアタックで突き放し,セットを連取した。
 最終セットも終盤まで,サントリーはスタンリー,ジェイテクトは金丸のアタックで一進一退の攻防が続いた。終盤,サントリーはスタンリーにボールを集め,粘るジェイテクトを振り切り勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 日高 直樹