V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
303
[開催日]
2013/12/07
[会場]
廿日市市スポーツセンター(サンチェリー)
[観客数]
1,500
[開始時間]
14:04
[終了時間]
15:58
[試合時間]
1:54
[主審]
塚本 健
[副審]
冨田 博一

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 0勝1敗
1 24 第1セット
【26】
26 3
20 第2セット
【25】
25
26 第3セット
【28】
24
22 第4セット
【26】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: パオロ モンタニャーニ
コーチ: 栗原 圭介
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 各セット,同じような展開のゲームだったと思う。強いサーブに対して雑なプレーで失点してしまったことが残念だ。
 しかし,FC東京がブレイクする部分も多く,良い形を出せていたので,決して悲観することなく明日の試合に臨みたい。
 本日はたくさんの応援ありがとうございました。

24 グラディナロフ
(盛重)
高橋
()
スタンリー
()
塩田
()
26
衛藤
(橋場)
山本(雄)
()
松崎
()
柴小屋
(金子)
前田
()
手塚
(福田)
鈴木
()
岡本
(阿部)
リベロ 佐別當
20 高橋
(西尾)
山本(雄)
()
柴小屋
(金子)
岡本
(阿部)
25
グラディナロフ
()
手塚
(橋場)
塩田
()
鈴木
()
衛藤
()
前田
(山岡)
スタンリー
()
松崎
()
リベロ 佐別當
26 山本(雄)
()
手塚
(盛重)
スタンリー
()
塩田
()
24
高橋
(山岡)
前田
()
松崎
(金子)
米山
()
グラディナロフ
()
衛藤
(橋場)
鈴木
()
岡本
(阿部)
リベロ 佐別當
22 高橋
(西尾)
山本(雄)
()
スタンリー
()
塩田
(山村)
25
グラディナロフ
(橋場)
手塚
()
松崎
()
米山
()
衛藤
()
前田
(山岡)
鈴木
(栗山)
岡本
(阿部)
リベロ 佐別當

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕戦は常に難しさが伴うものだ。
 3セット目でゲームを決めたかったが,4セット目にもつれてしまった。しかし,この結果に満足している。
 今から明日のゲームに集中したい。

要約レポート

2013/14V・プレミアリーグ男子廿日市大会は,サントリーサンバーズとFC東京の一戦で開幕した。試合は各セットとも一進一退の攻防が続き会場を大きく盛り上げた。
 セット中盤,サントリーが鈴木の連続サービスエースでリードを奪うと,その後も効果的なサーブから先行した。しかし,FC東京は衛藤らが5本のブロックを決め,追い上げてジュースに持ち込んだ。しかし,最後はサントリーがスタンリーのスパイクで第1セットを先取した。
 第2セット,サントリーはスタンリーにボールを集めて得点を重ね,最後はチーム7本目となる阿部のブロックが決まり2セットを連取した。
 後のなくなった第3セット,FC東京は手塚やグラディナロフの活躍でリードを奪い中盤まで優位にゲームを進めた。サントリーが終盤6連続得点で追いついて,ジュースにもつれ込んだが,中盤からの勢いを保ったFC東京がセットを奪い返した。
 第4セット,サントリーは中盤から出場した山村がいきなりブロックを決めて流れ引き寄せると,詰め寄るFC東京を振り切り,最後はスタンリーのスパイクで初戦の勝利を掴み取った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 上田中 康夫