V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
520
[開催日]
2013/12/21
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
3,100
[開始時間]
16:10
[終了時間]
18:38
[試合時間]
2:28
[主審]
種元 桂子
[副審]
千代延 靖夫

日立リヴァーレ

監督: 濱田 義弘
コーチ: 安藤 健太郎
通算: 3勝2敗
3 28 第1セット
【33】
26 2
20 第2セット
【28】
25
25 第3セット
【30】
27
25 第4セット
【26】
20
16 第5セット
【19】
14

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 安保 澄
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 去年日本一のチームでしたが、弱気になることなく日立らしいバレーをすることができた。
 久光製薬の力強いスパイクに対して、淡白になることなく、5番佐藤(あ)を中心にレシーブすることができた。厳しい場面は多々あったが、11番高橋、14番佐々木がスパイクを打ち切ってくれたこともあり、勝利することができた。
 明日も試合が続きますので、熱いご声援宜しくお願いします。ありがとうございました。皆様に感謝しています。

28 佐藤(美)
(永松)
パオリーニ
()
新鍋
()
古藤
(野本)
26
佐々木
()
高橋
()
岩坂
()
平井
()

()
遠井
()
長岡
(狩野)
石田
()
佐藤(あ) リベロ 筒井(さ)
20 佐藤(美)
(細川)
パオリーニ
()
岩坂
()
新鍋
()
25
佐々木
()
高橋
()
長岡
(狩野)
古藤
(野本)

()
遠井
(石田)
石田
()
平井
()
佐藤(あ) リベロ 筒井(さ)
25 佐藤(美)
(永松)
パオリーニ
(石田)
岩坂
(水田)
新鍋
()
27
佐々木
()
高橋
()
狩野
()
野本
()

()
遠井
()
石田
(筒井(視))
平井
()
佐藤(あ) リベロ 筒井(さ)
25 佐藤(美)
(永松)
パオリーニ
()
岩坂
(水田)
新鍋
()
20
佐々木
()
高橋
()
狩野
(長岡)
野本
(古藤)

()
遠井
()
石田
(シべレ)
平井
()
佐藤(あ) リベロ 筒井(さ)
16 佐藤(美)
(永松)
パオリーニ
()
水田
()
新鍋
()
14
佐々木
()
高橋
()
狩野
(長岡)
野本
(古藤)

()
遠井
()
石田
()
平井
()
佐藤(あ) リベロ 筒井(さ)

監督コメント

 会場を埋め尽くす熱い応援本当にありがとうございました。
 オフェンス面で単調な攻撃になってしまい、相手の強固なディフェンスを崩すことができなかった。それでも、途中から出た選手が、それぞれの役割を果たして頑張ってくれた。まだ色々な面で課題が多いが、一つずつ修正して、強固なチームを作っていきたい。
 明日は今年最後の試合になるが、もう一度チーム一丸となって、勝ちに行きたいと思います。応援のほど宜しくお願いします。

要約レポート

 地元佐賀で連勝を伸ばして、勢いに乗りたい久光製薬スプリングスと連敗をストップして、巻き返しを図りたい日立リヴァーレの一戦。
 第1セット、日立がリベロ佐藤(あ)を中心に粘り強いバレーを展開し、得点を重ねる。対する久光製薬は、持ち前の高さとパワーで対抗するも要所でミスが出て、デュースの末に日立がこのセットを取る。
 第2セット、接戦を制した勢いで、日立が序盤からリードを広げるが、久光製薬セッター狩野と野本の2枚替えが功を奏し、中盤で逆転に成功し、このセットを奪取。
 第3セット、久光製薬ペースで試合が進むが、要所でのミスが響き、じわじわと追いつかれ、終盤逆転を許してしまう。しかし、リベロ筒井(さ)のファインプレーや石田の強打で、再逆転し、粘る日立を振り切った。
 後がない日立は、第4セット、パオリーニにボールを集め、主導権を握ると最後まで追いつかれることなく、このセットを取る。
 第5セット序盤は、久光製薬が石田、野本の活躍でリードするが、コートチェンジ後、日立が高橋、パオリーニの強打等で同点に追いつき、会場の熱気は最高潮を迎えた。最後は日立佐々木のスパイクが決まり、熱戦に終止符を打ち、連敗を止めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 野中 健志