V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
519
[開催日]
2013/12/21
[会場]
佐賀県総合体育館
[観客数]
2,108
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:20
[試合時間]
1:20
[主審]
代居 正巳
[副審]
塚本  健

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算: 3勝2敗
3 25 第1セット
【24】
22 0
25 第2セット
【26】
21
25 第3セット
【24】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 尾﨑 侯
コーチ: 北原 勉
通算: 4勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 先日の天皇杯・皇后杯の準々決勝で力以上のストレートで勝利したことで、受け身になることが一番懸念された。心配していた攻め急ぎがやや出たが、6人がうまくからんで結集した力が出せ、1、2セットのポイントをうまく勝ちきることができた。明日は年内最後の試合なので、持てる力を遺憾なく発揮して欲しい。 
 本日はありがとうございました。明日も今日に引き続き、温かいご声援の程宜しくお願いいたします。

25 川畑(愛)
()
佐々木(侑)
()
高橋
()
橋本
()
22
山口
(卜部)
川島
()
石川
(臼井)
奥村
()
宮下
()
福田
(吉田)
早坂
()
石井
()
丸山 リベロ 横江
25 山口
()
川畑(愛)
()
早坂
()
石川
()
21
宮下
()
佐々木(侑)
()
石井
()
高橋
()
福田
(佐々木(萌))
川島
(卜部)
奥村
()
橋本
()
丸山 リベロ 横江
25 佐々木(萌)
(村田)
佐々木(侑)
()
高橋
()
橋本
(位田)
19
山口
()
川島
(関)
石川
(上屋敷)
奥村
()
宮下
()
川畑(愛)
(福田)
早坂
()
石井
()
丸山 リベロ 横江

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日の試合では各セットともラリー中にアタックを決めることができなかったことで、相手に流れを与えてしまった。明日の試合では、目の前の1点を決めきる姿勢を終始貫きたい。
 本日応援に駆けつけて下さった皆様には悔しい思いをさせてしまいました。明日の久光製薬戦では、チーム一丸となって勝利を目指します。ご声援の程宜しくお願いいたします。
 

要約レポート

 上位4チームが一同に集まり、1試合目から大興奮の佐賀大会。首位のJTマーヴェラスと3位の岡山シーガルズの戦いは、1セット目から一進一退のシーソーゲーム。終盤、岡山山口のブロックポイントや福田の軟攻でリードし、1セット目を取った。
 2セット目は、両チームともに粘り強いレシーブ、強弱をつけた攻撃で好ラリーを展開し、会場を沸かす。中盤以降JTのミスなどで岡山が主導権を握ると、最後は岡山宮下のブロックポイント、佐々木(侑)の強打で2セット目を連取した。
 2セット連取され後がないJTは、3セット目序盤からセッター橋本を中心に、多彩なコンビネーションで、流れを引き戻そうとするが、岡山の固いディフェンスの前に、ポイントが奪えずに苦しいゲーム展開。対する岡山は、山口、福田のテンポの良い攻撃が次々に決まり、粘るJTをストレートで下し、連敗を2で止め、嬉しい3勝目をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 野中 健志