V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
512
[開催日]
2013/12/07
[会場]
滋賀県立体育館
[観客数]
2,840
[開始時間]
16:46
[終了時間]
19:03
[試合時間]
2:17
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
西中野 健

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 1勝2敗
3 24 第1セット
【28】
26 2
25 第2セット
【27】
21
19 第3セット
【28】
25
26 第4セット
【29】
24
15 第5セット
【13】
5

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

今週の試合は滋賀でのホームゲームということでたくさんの方々の応援の力に後押しされ、厳しい試合にはなりましたが、大きな一勝を得ることができました。全員で「結束」することの大切さ、試合に向かう姿勢を常に意識して、明日も良い準備をして試合にのぞみたいと思います。
本日はたくさんの応援、本当にありがとうございました。

24 迫田
()
高田
()
八幡
(都築)
松浦
(秋山)
26
宮田
()
伊藤
(下平)
大野
()
島村
()
中道
()
ペーニャ
(木村)
ハナ
()
内田
(近江)
小平 リベロ 岩崎 鳥越
25 迫田
()
高田
()
八幡
(都築)
松浦
(秋山)
21
宮田
(二見)
伊藤
(下平)
大野
()
島村
()
中道
(田代)
ペーニャ
()
ハナ
()
内田
(近江)
小平 リベロ 鳥越 岩崎
19 迫田
()
高田
()
松浦
(渡辺)
島村
()
25
宮田
(二見)
伊藤
(下平)
八幡
(ハナ)
内田
(近江)
田代
()
ペーニャ
()
大野
()
白垣
()
小平 リベロ 岩崎 鳥越
26 迫田
()
高田
(堀川)
島村
()
内田
(都築)
24
伊藤
()
二見
(下平)
松浦
(ハナ)
白垣
(秋山)
中道
(田代)
ペーニャ
()
近江
()
大野
()
小平 リベロ 鳥越 岩崎
15 迫田
()
高田
()
近江
()
松浦
()
5
伊藤
()
二見
(下平)
大野
()
島村
()
田代
()
ペーニャ
()
ハナ
(白垣)
内田
(都築)
小平 リベロ 岩崎 鳥越

監督コメント

第1セット、高田選手の攻撃によりリズムを掴まれ相手ペースとなり苦しい展開を強いられるが、センター島村、大野のブロックがNECへリズムを引き寄せた。終盤、追い込まれたが、ハナ、大野の活躍でセットを奪えたのは大きかった。その勢いで第2セットに入り、足が動きレシーブが上がるようになった。しかし、東レの粘り強いレシーブとブロックに徐々にペースを奪われ、第2セットを落とす。伊藤選手と、途中交代の田代選手がNECの勢いを止めた感があった。振り出しに戻った3セット目は、このセットスタメン起用の白垣が良い活躍をしてくれた。続く第4セットは、近江やリベロ岩崎、鳥越が好レシーブを見せ、堅い守りから攻撃のリズムができた。
だが、東レに圧倒され勝利することができなかった。

要約レポート

第1セット序盤はお互い譲らず、中盤2点ビハインドのNECはピンチサーバーに近江を投入し追いつく。東レ20-19からハナの連続サーブポイントで2点リードしたが、NEC大野のサーブに崩され緊迫した第1セットを先取した。
第2セット、このセット東レのサーブミスが目立ちNEC新加入ハナのバックアタックが決まりだす。東レはセッターを田代に代え攻撃の流れを変える。最後は迫田のレフトスパイクで第2セットを奪い返した。
第3セット、東レはスタメンからセッターを田代で臨んだ。両チームとも粘りあるラリーが続くが決定力で上回ったNECが25-19で第3セットを奪い返し、セットカウント2-1と大手をかけた。
第4セット、NECはこの試合始めて近江をスタートメンバーとし、東レも中道を先発セッターに起用した。終盤3点リードしたNECは24-21でこのゲームのマッチポイントを迎えた。最後は迫田の3本連続スパイクで東レが26-24と逆転勝ちした。
最終第5セット、東レは一方的なゲーム展開で15-5で最終セットを奪い、セットカウント3-2で東レが今季初勝利をホームゲームで飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 南部 典彦