V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
506
[開催日]
2013/12/01
[会場]
所沢市民体育館
[観客数]
1,698
[開始時間]
16:10
[終了時間]
18:38
[試合時間]
2:28
[主審]
田中 昭彦
[副審]
浅井 唯由

JTマーヴェラス

監督: 尾﨑 侯
コーチ: 北原 勉
通算: 2勝0敗
3 25 第1セット
【26】
19 2
28 第2セット
【34】
30
31 第3セット
【35】
33
25 第4セット
【25】
20
15 第5セット
【16】
12

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日のゲームでは、1セット目を自分達の形で主導権を握り先取できたが、2セット目以降に東レの決定力を抑えることができずリズムを失ってしまった。
 2・3セットを接戦で落としたが、選手達が諦めることなく、自分達のスタイルを見失わず、最後に勝ちきる事ができた。
 開幕2連勝でき、すばらしいスタートを切ることができたが、さらに改善点を強化し、次週の準備をしていきたい。
 本日も多大なるご声援、本当にありがとうございました。

25 石井
()
早坂
()
ペーニャ
(木村)
中道
(田代)
19
奥村
()
石川
()
二見
()
宮田
()
橋本
()
高橋
()
高田
(堀川)
迫田
()
横江 リベロ 小平
28 奥村
()
石井
()
ペーニャ
(木村)
中道
(田代)
30
橋本
()
早坂
(上屋敷)
伊藤
()
宮田
()
高橋
()
石川
()
高田
(堀川)
迫田
()
横江 リベロ 小平
31 石井
()
早坂
(臼井)
ペーニャ
(木村)
田代
()
33
奥村
()
石川
()
伊藤
()
宮田
()
橋本
()
高橋
()
高田
(堀川)
迫田
()
横江 リベロ 小平
25 奥村
()
石井
()
ペーニャ
(木村)
田代
()
20
橋本
()
早坂
(上屋敷)
伊藤
()
宮田
(二見)
高橋
()
石川
()
高田
()
迫田
()
横江 リベロ 小平
15 石井
()
早坂
(臼井)
ペーニャ
(木村)
田代
()
12
奥村
()
石川
(上屋敷)
伊藤
()
宮田
()
橋本
()
高橋
()
高田
(堀川)
迫田
()
横江 リベロ 小平

監督コメント

 昨日の流れを序盤は引きずってしまい1セット目を先取されてしまった。2セット目以降、迫田、ペーニャの両エースがチームを盛り上げフルセットまで持ち込むことができたが、最後の粘りがあと一歩足りなかった。
 一つ一つ課題を克服し、次のゲームへ準備したいと思う。
 遠方からたくさんの応援、本当にありがとうございました。

要約レポート

 開幕2連勝を狙うJTマーヴェラス対今期初勝利を狙う東レアローズの一戦。第1セット序盤、両者譲らぬ展開の中、JT新人の高橋がスパイクを決め得点を重ねていく。一方東レも迫田のバックアタックで巻き返しを図るが、常に得点をリードしたJTが先取した。
 第2・3セットともに東レ迫田、JT石井、高橋が点を取り合う一進一退の末、連続でセットをものにした。
 第4セット序盤、東レは高田のブロック、スパイクでリードしたが、終盤、JTは石井のスパイク、上屋敷のサーブで逆転しこのセットをものにした。
 第5セット、東レは迫田にボールを集め強烈なバックアタックで点を取りにいくが、JTはうまくレシーブ繋ぎ石井が確実に点を取りにいく戦法でセットを取り開幕2連勝と好スタートを切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 飯塚 雅文