V・プレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
502
[開催日]
2013/11/30
[会場]
所沢市民体育館
[観客数]
2,438
[開始時間]
15:20
[終了時間]
16:43
[試合時間]
1:23
[主審]
浅井 唯由
[副審]
大塚 達也

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 安保 澄
通算: 1勝0敗
3 25 第1セット
【28】
23 0
25 第2セット
【26】
20
25 第3セット
【23】
13
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まずは開幕戦を勝利で終えることができ、正直ホッとしている。
 まだまだ改善点はたくさんあるが、長いリーグの期間を通して、さいごには一番強いチームになるように、日々の練習から鍛えて生きたいと思う。
 また、多くの選手にチャンスを与え、それぞれ自分の役割をしっかり果たしてもらい、長いシーズンを戦っていきたい。
 開幕から多くの応援、本当にありがとうございました。今シーズンも久光製薬スプリングスをよろしくお願いいたします。

25 野本
(石田)
新鍋
()
ペーニャ
(木村)
中道
(田代)
23
平井
(石橋)
岩坂
()
二見
()
宮田
()
狩野
(古藤)
石井
()
高田
()
迫田
()
筒井(さ) リベロ 小平
25 野本
(石田)
新鍋
()
ペーニャ
(木村)
中道
()
20
平井
()
岩坂
()
二見
()
宮田
()
古藤
()
石井
()
高田
()
迫田
()
筒井(さ) リベロ 小平
25 石田
()
新鍋
(村田)
ペーニャ
(野村)
中道
(田代)
13
平井
(水田)
岩坂
()
二見
()
宮田
()
古藤
()
石井
(筒井(視))
高田
()
迫田
()
筒井(さ) リベロ 小平

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨シーズン優勝できなかった悔しさを胸に、夏場に厳しい練習を積み開幕を迎えました。
 1セット目は前半相手をうまく崩すことができたが、終盤の攻撃がうまく機能しなかった。
 2セット目以降は相手サーブレシーブを崩すことができず、コンビネーションで攻められてしまった。
 悔しい一敗だが気持ちを切り替えて明日の試合に向けて準備したい。

要約レポート

 2013/14Vプレミアリーグ所沢大会開幕第2試合は、昨年の優勝、準優勝の久光製薬スプリングスと東レアローズの好カードとなった。
 第1セット序盤はどちらも譲らない好ラリーが続くが、東レが徐々にリードを広げる。久光はセッターの古藤、キャプテンの石田を投入し流れを変えると、終盤に逆転し25−23で先取する。
 第2セットも久光は石田が途中出場し、サーブ、バックアタックと大活躍した。東レも迫田の決定力の高いスパイクで粘るが、25−20で第2セットも久光が取る。
 第3セット、久光は石田をスタートから使いバックアタックを次々と決め、終盤も古藤のサーブ、石井の好レシーブ、新鍋のスパイクが次々と決まり東レを圧倒し、25−13でこのセットも取り久光が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 鈴木 和紀